新中2/記事レビュー:Yahoo「「わが子が不利にならないように」――高学歴親が子どもに与える「転ばぬ先の杖」こそが子どもの未来をダメにする」

2023年01月(新中2)

2023年1月24日(火)。

 

・2023年1月24日:Yahoo「「わが子が不利にならないように」――高学歴親が子どもに与える「転ばぬ先の杖」こそが子どもの未来をダメにする」

 

=quote=

聡明ゆえに先回りをしてしまう

 

高学歴親がわが子を溺愛する際の特徴は「聡明な先回り」だと考えます。

 

皆さん、知識があって頭脳明晰なので、子どもを見ていると「このままではきっと失敗する」といった近い未来に起きることがある程度見通せます。その「見通し力」が優れるあまり、転ばぬ先の杖を用意してしまいます。

 

あるお母さんは長い不妊治療の末に女の子を授かりました。30代後半の高齢出産です。このため「目に入れても痛くない」とかわいがりました。印象的なのが「せっかく授かった大切な子どもなのだから、私が経験したすべての幸せをひとつ残らず同じように経験させたい」と言ったことです。自分がやってきたピアノなどの習い事、中学受験のための塾など、すべてやらせました。

 

ところが、娘は夫婦が期待したほど小学校で良い成績を取れませんでした。ショックを受けたお母さんは、娘が小学3年生になると夜10時、11時まで塾に通わせました。夫婦ともにフルタイムで多忙にもかかわらず、塾への送り迎えなどを手分けして行いました。

=unquote=

 

んー、本当かしら。流石に大手塾は、小3向けに21:00を超える授業は提供していません(僕が知る限りでは)。

 

 

 

 

★現時点の立ち位置:

①公文:英語M、数学M、国語L

②英単語:パス単1級「でる度A」まで復習中

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

Posted by senki