新小3:低学年の大手塾通塾に意味があるか(サピックスAクラスから銀メダルまで経験しての雑感)

2018年03月(新小3)


2018年3月18日(日)。

 

なにかと話題になることが多い、「低学年ブースト」。低学年(年長~小2)で勉強することが、小6の2月での受験結果に影響を与えうるものなのかどうか。現在進行形で低学年を経験している僕にとっては面白い話題です。

 

過去2年間、サピックスを基準にするならば、新小1の偏差値42のAクラスから、新小3の銀メダルまで経験することができました。

 

ということで、思うところを簡潔に書いておきます。将来見直せるように。

 

①テスト結果に意味があるのか?

低学年の大手塾公開テストで測定する知識や思考能力は、小6の2月の戦闘能力を全く担保しません。いくら低学年テストが出来ても、将来の能力を保証しないと思います。

 

しかし、低学年テストが測定しているのは、「この子供は戦い方を把握しているかどうか」。つまり、その時点での知識や能力ではなく、「勉強の仕方」というスタンスのレベルを測定しているように思います。

 

この観点で低学年テストをとらえると、「もし結果が悪かったのならば、戦い方を工夫してみて、結果が出るような戦い方を親子で学ぶ」、ということが大事かと考えます。

 

②通塾に意味があるのか?

通塾することで学力が上がる、というのは大きな間違いだと思います。なぜならば、塾の滞在時間はたかが知れていますから。学力向上の主戦場は、家庭学習での時間確保と効率性追求だと考えます。

 

一部の少数精鋭塾は除き、大手塾の低学年カリキュラムは、「塾での滞在時間のうちに問題を解けることを確認する場」として利用しないといけないと思います。筋トレはあくまでも自宅。塾は戦って勝てることを確認する場。

 

③低学年通塾の費用対効果

各家庭の経済力によるのではないでしょうか。

 

大人になってから海外大学院に留学すると、500万円/年 x 2年に加えて、その間の収入も失うことになります。それに比べれば、低学年塾のコストは激安です。そして、僕の実体験でもありますが、大人になってからのプロフェッショナルスクールよりも、これから人生が始まる低学年の方が経済効果は高いと思います。

 

④低学年からの勉強方法

どんな方法でも良いと思います。子供の性格はそれぞれ。唯一絶対解なんてものはありません。それこそ、机上の勉強である必要も無いと思います。大事なのは、「楽しんでいること」、「突き詰めてやる」ことかなと思います。

 

 

★現時点の立ち位置(塾以外):

①公文数学:上位0.6%/H教材(=中2)【2018年1月19日から】

②公文国語:上位1.4%/GI教材(=中1前半)【2018年2月2日から】

③漢字:漢字の要【2017年12月9日から(2017年10月漢検5級合格済)】

④計算:マスター5年【2017年12月22日から】

⑤直球算数:トップクラス算数徹底理解編小3【2017年12月10日から】

⑥思考算数:きらめき算数脳小3【2017年10月1日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki