小3/公文:広告『東大生が子どもの頃に「公文式」を選ぶ理由』

2018年09月(小3)


2018年9月8日(土)。

 

公文教室から、週刊東洋経済の2018年6月30日号掲載の「広告」冊子が配布されました。

 

=quote=

東京大学新聞社は2018年3月、現役東大生・東大院生を対象にアンケート調査を実施した。その中で、小学生の頃学習塾に通っていた137人のうち公文式教室(以下、公文式)に通っていた人が35.6%、およそ3人に1人が公文式経験者ということがわかった。

注目すべきは、公文式に通っていた期間だ。2年以上通ったという人が80%以上で、5年以上という人も4割を超えている。教材の進度についても、「算数・数学」「英語」「国語」の3教科いずれも、高校相当以上の内容まで進んだ人が3割以上となっている。中学・高校へ進学後も、授業の理解度が深まったに違いない。

=unquote=

 

僕:「この広告を読んで、どう思う?」

 

娘:「公文が凄いってことじゃないの?3人に1人が経験しているんでしょ?」

 

僕:「こら~。ちゃんと文章読もうよ~。そういうことじゃない。文章がとてもミスリードだよ。だって、"小学校の頃学習塾に通っていた137人"のうちの話でしょ。もし、たとえば10,000人にインタビューして、その全員が回答して、そのうち137人しか小学校で塾に行っていなかったら、どうなる?」

 

娘:「むしろ、公文やっている方がダメ、という見方になってしまうね。。」

 

・・・正確に書くと、

 

「東京大学新聞社が、現役東大生(約14,000名)・東大院生(約13,000名)、のうち、男女229名(=母数の0.8%)を対象にアンケート調査を実施(2018年3月19日~4月2日)。この229名が、アンケート対象母数なのか、有効回答数なのかは不明。ともかく、この229名のうち137名(約60%)が小学校の頃、学習塾に通っており、そのうち公文式に通っていたのが35.6%。でも、公文式だけ、とは書いていない。」

 

ツッコミポイントはたくさんありますね。

 

①約27,000名の母集団から、229名は適切に抽出されているのか。

 

②アンケート調査期間ですが、2月頭から3月末までは春休み。キャンパスにいる人に聞いたのか、オンラインなのか。オンラインだとしたら、どうやって在籍有無を確認したのか(メールアドレス?)。

 

229名のうち約40%は小学生の頃に学習塾に通っていない、という情報を無視して良いのか。広告の左下隅に小さく229名と書くのはやめて、本文に書くべきではないか。

 

④公文式に通っていた、のは事実なのかもしれないけど、実際には「公文式+α」の筈。この「+α」に関する記載が一切無いのは適切か(体験者のコメントとして書いてるけど)。

 

・・・以上のように思いましたが、僕の思い違いもあるかもしれません。

 

ただ、以下はミスリードだよなあ。

 

 

数字だけ見ると、事実は以下なのですが。

 

 

 

★現時点の立ち位置:

・低学年最後の年なので、公文を進める。

①公文数学:I教材(=中3)/上位0.5%【2018年8月31日から】

②公文国語:HI教材(=中2前半)/上位1.0%【2018年7月20日から】

③思考算数:きらめき算数脳3年【2018年7月31日から再開】

④漢字:3年生を総復習(漢検・Z会・学研)【2018年6月15日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

Posted by senki