小3/公文:数学I(=中3)の2次方程式後の展開を考える(→数学J10で卒業することを決定)

2018年10月(小3)


2018年10月22日(月)。

 

数学I60まで今週対応しています。今は2次方程式祭りってかんじです。公文は良くできているので、娘は何の問題もなく対応しています。

 

今後の公文数学I(=中3)の展開をみてみると、以下の通りです。

 

・数学I51~80:2次方程式(←今、ここにいる)

・数学I81~100:不等式

・数学I101~140:1次関数とグラフ

・数学141~170:2次関数とグラフ

・数学I171~200:三平方の定理

 

まあ、じっくりと進めていけば、今の娘ならば対応できるだろうなあという印象です。公文のスモールステップは実に良くできていますので。

 

一方、数学J(=高1)の一覧表をみてみると、以下の通りになっています。

 

・数学J1~10:式の計算

・数学J11~60:因数分解

・数学J61~70:分数式

・数学J71~90:無理数

・数学J91~110:2次方程式

・数学J111~120:虚数と2次方程式

・数学J121~130:判別式

・数学J131~140:解と係数の関係

・数学J141~150:連立方程式

・数学J151~160:整式のわり算

・数学J161~170:剰余の定理

・数学J171~180:因数定理

・数学J181~190:恒等式・等式の証明

・数学J191~200:等式・不等式の証明

 

一見しただけで分かるのが、学習範囲が広くて細かいということ。これを見る限り、娘は小4で対応できると思いますが、学習した内容を小6の2月まで維持するのは困難だと思います。維持可能でしょうけど、時間を食うことはほぼ間違いなし。その分、理社に時間を割いた方が良いと判断。

 

・・・ということで、熟慮の末、公文数学はJ10で卒業することにします。小6の2022年2月の中学受験終了した瞬間に、中学分野の計算が公文で完璧になっていれば、十分であろう。高校分野まで足を踏み入れるほどの価値は、さすがに低そう。公文数学Iは、プリントを1~200まで確保し、あとは自宅でひたすら繰り返すことで小6の2月まで温存させようと思います。

 

現在、数学I(=中3)と国語HII(=中2後半)ですが、恐らく数学の方が先にJ10に到達します。その段階で英語を最初から開始してこれを極力継続し、そして国語J10に到達して国語も卒業し、英語だけが残るという構造になりそうです。公文英語だけは、極力教室通いを継続してもらうつもりです。

 

 

★現時点の立ち位置:

・低学年最後の年なので、公文を進める。

①公文数学:I教材(=中3)/上位0.5%【2018年8月31日から】

②公文国語:HII教材(=中2後半)/上位1.0%【2018年10月19日から】

③思考算数:きらめき算数脳3年【2018年7月31日から再開】

④漢字:3年生を総復習(漢検・Z会・学研)【2018年6月15日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

Posted by senki