小4/公文:小4の6月のα1-3の読解力の限界

2019年06月(小4)


2019年6月7日(金)、夜。

 

小4の6月の成績が、いかにアテにならないか、良く分かる会話なので記録に残しておきます。

 

僕:「今朝の公文国語の『土佐日記』でどこが一番面白かった?」

 

娘:「んー、やっぱりコウカイのところかな?」

 

僕:「(後悔を期待したが)コウカイ?」

 

娘:「うん、航海。土佐から京都に戻るまでのことが、古い日本語で書かれていることが面白い。」

 

僕:「そうか。。京へ戻ったときのシーンは?」

 

娘:「やっと、もどったな、というかんじだったね。」

 

僕:「他には?」

 

娘:「特に何も思わなかった。」

 

僕:「そうか。。。パパは、その家で生まれた自分の娘が戻らなかった、戻れなかったことに対する親としての気持ちを知って、涙が出てきたが。。」

 

娘:「ははははははは!そんなの分からないよ、私には!親の気持ちだなんて!無理~!」

 

・・・僕としてはある種の絶望ですわな。それが分かる、公文国語Jに感謝。

 

小4の6月の読解力とか国語なんて、小6の2月の状態を占うとは到底思えません。論理上の上っ面な意味は理解しているが、語感とか、行間とか、全く読めてないことが分かりました。

 

中学受験の国語のテーマ。死別、離婚、不倫、貧困、虐待、後悔、などなど。そういった感情を理解できない。

 

娘は幸せなのか。それとも、不幸せなのか。

 

 

★現時点の立ち位置:

・公文からサピックスへシフトを開始する。

①公文:数学J(=高1)/上位0.2%【2019年1月29日から】

②公文:国語J(=高1)/上位0.5%【2019年5月7日から】

③公文:英語C①【2019年5月7日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック(+αで市販教材活用)

⑤語彙:言葉力1100・1200 + 言葉ナビ上・下巻 + ことば1200

⑥漢字:小4を深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki