小4/リブログ:”小2/早稲アカ:2017年12月/冬のチャレンジテスト(無事に受験)”

2019年12月(小4)


2019年12月2日(月)。

 

小2戦記君、2年前の記事。

 

早稲アカは良いことを言っていました。小1と小2ですべきことを、明確に説明しています。

 

ただし、まだ早稲アカが「古き良き時代」のプレーヤーから脱却できないのは、その小1と小2の囲い込みに成功しているとは思えないから。とはいっても、スピカにて対応しているので、サピックス・フォトン托卵連合に数歩遅れているとはいえ、徐々に進化が加速すると思います。

 

早稲アカ・スピカは、小1と小2の統一テストの優秀層を、スピカのマンスリー講座を新設して招待すればよい。四谷大塚のパクリだけど(笑)、本家が廃止してしまったわけだし。フォトンの直球算数には飽きるような超優秀層を、スピカで確保すればよい。まあ、でもこれやっても、所詮は生徒数20名程度だから、ブランディングの効果しかないわけではあるが。

 

=quote=

・理想的な6年間について。昔は6年生夏までにカリキュラムを終える設計だった。しかし、現在は大手塾の競争も進み、5年末までには一通りカリキュラムが終わる形になっている。よって、前倒しになり、小3の後半から開始するイメージになっている。つまり、小3の後半は、小4と5の先取りになっている。小1と2は、徹底的に思考力を鍛えてほしい。問題を解く数を増やすのではなく、考え抜くかどうか。

=unquote=

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス50%、中学入学後50%

①公文:数学J/上位0.3%/東京都29位【2019年1月29日から】

②公文:国語K/上位0.3%/東京都16位【2019年10月26日から】

③公文:英語GI/上位86%【2019年10月8日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック

⑤語彙:パス単5級+言葉ナビ上・下+ことば1200

⑥漢字:小4を深堀り完了、宝物を探す日々

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki