小5/リブログ:”小2/マスター4年:分配算”

2020年04月(小5)


2020年4月10日(金)。

 

小2戦記君、3年前の記事。

 

公文算数Fまでは基礎中の基礎。算数F200まで終えた後、実践力ある計算力を付けたい場合には、日能研のマスター4年が最適教材だと思います。

 

=quote=

マスター4年のp.15。分配算。

 

97 x 30 = [xx] x 30 + 7 x 30

103 x 25 = 100 x [xx] +3 x 25

 

といった6問。娘は解けている問題と解けていない問題あり。

 

やり方を教えましたが、

 

僕:「これ、実は中学数学とやりかたが一緒なんだよね。」

 

娘:「え?そうなの?」

 

「くくる」という概念なんだよね。娘は完全には習得していないものと思われますので、また復習ですね。計算は演習で磨かれますので、筋トレあるのみ。

 

公文算数がカバーしていない計算も結構あるなぁ、と思いながらマスター4年の先の問題を見てみましたが、どうやら、これで計算技術としてはカバーしていそう。あとは繰り返しのようです。

=unquote=

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HI/上位45%【2020年3月10日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単3級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki