小5/雑考:新型コロナ(9月入学検討開始について)

2020年04月(小5)


2020年4月29日(水・祝)。

 

夕食での会話。

 

=quote=

日本経済新聞

 

首相、9月入学「様々な選択肢検討」 国挙げた議論へ

 

安倍晋三首相は29日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、学校の始業や入学時期の9月への移行を検討する意向を表明した。国際社会では9月入学が主流だとの認識を示した。子どもや社会全体への影響も考慮しながら議論していく考えだ。

首相は「これぐらい大きな変化がある中で、前広に様々な選択肢を検討していきたい」と語った。

=unquote=

 

僕:「混乱した事態を収束させるのが政府の仕事だと理解するが、更に混乱を加速させる意味が全く分からないね。しかも、新型コロナ問題が9月までに終息することを大前提とする、ということも全く分からない。不確実性を減らし、予見可能性を増やすということが、国の仕事だと理解していたのだが。」

 

妻:「私は毎日クオモ知事の会見を見ているけど、今、アメリカが議論していることは、"この冬までに終息しない前提で、通常のインフルエンザと新型コロナの見分けがつかなくて、医療崩壊が起きるリスクがるので、これをどうヘッジするか?"という議論だね。」

 

僕:「日本において、この機に乗じて9月入学にする、という発想は、政権として主体的に機会を捉えた実績、のようにしたいのかもしれないが、もう意味不明すぎて面白い。知事会のインプットもあるのだろうけど、そりゃ日本の大半には塾インフラすらない地域が大半で、首都圏・関西圏とそれ以外との教育格差が大きいから、多数決取ればそういうことになるでしょう。公教育というのものはユニバーサルな最低限の確保を目指すものだからね。しかも、ただでさえ諸外国に比して遅れている日本の教育環境を、更に4→9月にスライドするって、なかなか胸が熱くなる判断なので興味深い。もう、文部科学省の若手官僚なんて、鬱状態だろうな。可哀そうに。」

 

娘:「9月入学になったら、私はどうなるの?」

 

僕:「4月1日生まれが最悪だったものが、9月1日生まれが最悪になる、ということになるかもしれない。つまり、4月2日生まれから、9月1日生まれの子供が、身体的成長という意味でビハインドになる。」

 

娘:「ほっ。」

 

僕:「しかし、現在の小5を学校時間ゼロでいきなり小6にはできないだろう。それをできないから、9月にずらす議論をしているので。つまり、単なるdelayになる。今年入学予定だった小1からが危ないね。まだ義務教育が始まっていないから。狙われやすい。」

 

妻:「しっかし、ニューヨーク州がマッキンゼーのThe Best and the Brightestな連中を雇って各種分析とシナリオ分析をしているのに、、、」

 

僕:「だね。なかなか、日本は胸が熱くなる状況だね。2020年4月13日のNHKスペシャル「新型コロナウイルス 瀬戸際の攻防~感染拡大阻止 最前線からの報告~」では、これ以前の状況で、

 

・厚生労働省のチームの専門家が1週間くらい帰宅していない。

・3密な勤務環境で且つノーマスク

・深夜にカップラーメンをすする姿(を2回)

 

を放送していたね。うん、さすがNHKだ。きっちりと、hidden messageを理解できる国民に届けている。良い仕事をしているよ、彼らは。検閲に近いものも入っただろうに、流石だ。」

 

妻:「いろいろ心配じゃない?」

 

僕:「いや、全く心配ではない。僕は初めから何にも頼っていないので、カオスになればなるど、強くなるタイプだ。別に娘が9月から小6になったとしても、何の問題もない。既に、小5の先取りが完了する目途が付いているからだね。低学年時代に、"低学年ブースト"について疑義を唱えていた層は、今頃即死状態じゃなかろうか。先取りしておくという安全バッファーが無いから、極めて環境変化に弱い

 

まあ、カオスも楽しそうじゃない?。

 

『2月の勝者』は、既に時代遅れなことは明白で「4月の勝者」(=中学受験終了時点で、数学・英語の中学分野を完了していること)がスタンダードなるのが令和時代かと思ったら、いきなり「6月の勝者」になるんだから。この時代の変化こそ、21世紀らしくてワクワクして仕方がない。僕は、いかなる環境変化も歓迎するよ。娘にとっても、良い訓練になる。」

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HI/上位45%【2020年3月10日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単3級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki