小1/漢字先取り:学習の進め方のヒント

2016年08月(小1)


2016年8月26日(金)、朝。

 

今日は夕方に公文教室にて「算数D(=小4)」の終了テストがあるので、自宅学習のプリントが無し。よって、以下オーダーとしました。

 

①サピックス基礎トレ

②3年生の漢字復習(100個くらいをひたすら書き取り)

 

この途中で僕が起床して、食後に、

 

③算数D分野の総復習

 

この後、娘から苦情があり。

 

娘:「ひたすら書き取りをするのは飽きる。(60個くらいで飽きた)」

 

ということで、公文漢字ドリル3年生の、やっていなかった裏面をやらせたら、

 

娘:「これは面白いね!」

 

ということで楽しんでいました。

 

・・・今後、漢字学習に力を入れていきますが、以下がコツのようです。

 

①単純な漢字書き取り(例:しごと→仕事、きかん→期間、いしゃ→医者)で集中力を維持できるのは、最大で「40個」。これ以上は苦痛になるので、避けたほうが無難。

 

②漢字は、漢字への変換(例:しごと→仕事)よりは、読み仮名の方が楽しい、と娘。たしかに、読み仮名は短いながらも文章だし、面白いのかもしれない。

 

・・・漢字もだんだん、やり方が分かってきました。やり方が分かれば、6年生の漢字まで、あっという間。ともかく、今週末で、3年生の漢字を1回転させます。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki