小1/公文:帯分数・仮分数の処理(2桁×1桁の暗算速度が大事)

2016年08月(小1)


2016年8月3日(水)、朝。

 

06:00-08:20(含む朝食)の筋トレ。

 

以下問題を解くのをみて判明したこと。

 

①67/16= 4と3/16

②107/20=5と7/20

③3と1/18=55/18

 

それは、「2桁×1桁の掛け算の暗算が遅い」ということ。暗算できなくはない。しかし、遅い

 

例えば、上記③の「3×18=54、54に1たして55」となるプロセスが遅い。10秒くらいかかっている。これではダメ。3秒くらいでできないと、できるうちに入らない。

 

一瞬、2桁×1桁の掛け算に戻ろうかとも考えましたが、以下理由でやめます。

 

1) 18×3=、と書いてある問題と、3と1/18、では表記が違う。筆算に慣れると暗算筋肉がつかない。

 

2) 既にできる掛け算をやるよりは、分数計算を通じて筋トレしたほうが効率が良い。

 

・・・ここまで書いて気がつきましたが、「2桁×1桁の100マス計算」なんて良いかもしれませんね。なるほどね~、こういうふうに100マス計算を使うのか。勉強になります。いきなり100マス計算から入ると、なんのために筋トレしているのかイメージできませんが、計算速度と精度をあげるべきシチュエーションに遭遇したら、良いタイミングで100マス計算を使うのはありですね。

 

反省!

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki