小2/親の会話:口を挟むな

2017年08月(小2)


2017年8月5日(土)、朝。

 

妻:「〇×△、娘の勉強ではこうしてくれ。」

 

僕:「俺の方針に口を挟まないでくれ。全部考えて僕はやっており、そしてある程度の結果もちゃんと出している。分担を分けたはずだ。料理は君、勉強は僕だ。君には娘の勉強をマネジメントする能力は無い。ムラがあるから。残念ながら、毎日たんたんと積み上げ、結果を出していくという能力を欠いている。自分ができないことを、他人にやらせるのは更に難しい。事実、公文で失敗していたじゃないか。だから関与するな。口をはさむならば、結果責任も含めて全部やってくれ。娘が混乱する。」

 

妻:「じゃあ、なんでステップの書き込みは私がするの?」

 

僕:「僕の字は汚いからだ。そこはお願いしたい。でも、嫌なら別にいいよ。他にアウトソースするから。」

 

妻:「腹立つなあ。もう、あなたの食事は作ってあげない!」

 

・・・と、言い残し、不貞腐れて外に逃げて行った。

 

なんで口をはさみたがるのだろう。一切関与しなくてよい、と言っているのに。感情的に動くところが、そもそも勉強に向いていない。

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:1番目クラス【2017年5月確認テストから継続中】

②公文数学:G教材(=中1)【2017年2月17日に算数F合格】

③公文国語:EII教材(=小5後半)【2017年7月25日に国語EI合格】

④漢字検定:5級(=小6)【2017年6月18日受検で6級(=小5)合格】

⑤算数検定:8級(=小4)【2017年7月23日受検で8級(=小4)合格(自己採点)】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki