新小3/スキー:2017-2018シーズン/4回目(不整地ターンを練習)

2018年03月(新小3)


2018年3月30日(金)。

 

春は駆け足でやってきた。気温の関係で、本日が今シーズン最後の日帰りスキーチャンスなので決行。

 

1. 娘のスキートラックレコード

(1)年中(2014-2015シーズン)

①1回目:リーシュ付きで雪遊びスキー(2日間/宿泊)

合計:2日間

 

(2)小1(2016-2017シーズン)

①1回目:リーシュ付きでボーゲンの練習(1日間/宿泊)

②2回目:ボーゲンで自力滑走可能に(2日間/宿泊)

合計:3日間(累計:5日間)

 

(3)小2(2017-2018シーズン)

①1回目:パラレルの練習(2日間/宿泊)

②2回目:エッジに乗る練習(1日間/日帰り)

③3回目:右ターンを練習(1日間/日帰り)

④4回目:不整地ターンを練習(1日間/日帰り)

合計:5日間(累計:10日間)

 

2. 本日の内容

天気予報では、最低気温0度、最高気温4度。朝は貸し切り状態でした。僕も、久々にゲレンデの端から端まで使ったロングターンを満喫。

 

娘の課題である、「右ターンにおいて山足の外側エッジに乗るようにする」ことを徹底的に練習。とはいっても、スポコン練習も疲れるので、楽しみながら滑走。右ターンで開かなくなってきたので一定の進捗有り。

 

お昼くらいから気温上昇。雪がシャーベットになり、重い!スキー板も走らなくなるし、コブが出現し始めるし、エッジが効かなくなるので楽しくない、、、と思いきや、

 

娘:「コブをショートターンで避けるのが面白い!」

 

ということで、予想外の大盛り上がりでした。午後は敢えて不整地を選んで、ショートターンの練習。シャーベット状なので、見た目以上にコブは深い。

 

・・・1400頃には雪の状態が更に重くなったので、この時間で切り上げ。山に向かって、

 

娘・僕:「ありがとうございました。」

 

と一礼して、今シーズンを終了。

 

来季(2018-2019シーズン)の課題は以下の通り。

 

①スキー板が短い。子供は身長から5~10cm短いのが良い、とされますが、これはボーゲンを多用する初心者向けの話なのだと理解。小2だと体重も軽く、また女児だと非力ということもあり、短い板だとスピードが出辛いし、ロングターンの快感を味わうのが難しい。娘の現状を考えると、身長と同じくらいが適正サイズと思われます。

 

②左右へのストックの振りが不均等。左は良い。問題は右。右の腰の捻りが浅い。

 

③結果として、右ターンでの山足(=右足)外側エッジに乗るのが苦手。スピードが出ないことにも起因しますが(※技術が未熟なのでスピードが乗り、谷側に遠心力が働かないと、身体を山側に傾けて右足の外側エッジに乗るアクションが取れない)、要は技術の問題。

 

・・・今季は、なんだかんだいって、合計5日間の滑走でした。日帰りのノウハウを積んだのが大きい。冬期は僕の狩猟との兼ね合いもあり、なかなか時間が取れないのではありますが、ぐんぐん上達する娘を見ていると、時間を投資するだけの価値は有り。

 

 

★現時点の立ち位置(塾以外):

①公文数学:上位0.6%/H教材(=中2)【2018年1月19日から】

②公文国語:上位1.4%/GI教材(=中1前半)【2018年2月2日から】

③漢字:漢字の要【2017年12月9日から(2017年10月漢検5級合格済)】

④計算:マスター5年【2017年12月22日から】

⑤直球算数:トップクラス算数徹底理解編小3【2017年12月10日から】

⑥思考算数:きらめき算数脳小3【2017年10月1日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki