小3/塾のセカンドオピニオン:ある中学受験プロによる娘の分析

2018年07月(小3)


2018年7月某日。

 

とある方と面談をしました。中学受験のプロ。面談目的は全くの別件だったのですが、お忙しいにも関わらず事前にこの反省録に目を通して頂いたらしく、面談終了の5分前になって、

 

Mさん:「ちょっといいですか?戦記さんのお嬢さんの話ですが。」

 

僕:「はい。」

 

Mさん:「四谷のリトルスクールオープンでの、お嬢さんの算数の間違い方が気になりました。特に、320 x 50の間違い。そして、戦記さんの対応方法は、たぶん間違えています。いや、たぶんじゃないですね。完璧に間違えていますよ。」

 

曰く、

 

・簡単な問題を間違えている、という事実は重く受け止めるべきだ。戦記さんは、この事実に対して、「基礎問題の量」を繰り返すことで対応しようとしている。しかし、これは大きな誤解です。教材をしっかりやったとしても、簡単な問題を間違えるという現象は再発するはずだ。そもそも、普段から教材をしっかりやっているでしょう。

 

戦記さんは、「勉強する力」と「テストで点を取る力」を峻別していない。しかし、この2つは異なるものです。多くの塾は、前者は教えるが、実は後者は教えていない。テストへの対応方法について、塾は教えてくれないでしょう。いきなりテストやるだけで。

 

・「テストで点を取る力」は、トレーニングにより改善できます。3つのパートがあります。①時間配分力(と、高学年になると取捨選択する力)、②書く力(余白をうまく使い、採番することでどの問題をどこで解いたかを記録する)、そして、③見直し力。この3つが回らないと、お嬢さんのような問題が発生します。

 

・理想的には、100点を取り切るには、時間配分は2:1です。60分のテストならば、40分で解き切る。そして、残り20分で見直す。こうしないと、100点を安定的に取れないんです。

 

・日常の家庭学習での環境と、テスト環境の違いも、テスト結果に影響を与えます。特に、ノートや白紙を使って勉強している子どもが、テストの余白をうまく使えないケースは多いんですよ。

 

・結論として、戦記さんは量はこなしているので、量はもう十分。テストで100点を取り切るような力を付けたほうがいいですよ。量こなしてもダメです。

 

・・・な、なるほど。Mさんに感謝です。

 

詳細省きますが、医療と教育には共通点が多いと思います。しかし、病院のセカンドオピニオンは存在するのに、塾業界では、あまり聞いたことがありません。

 

今回、Mさんから頂いたようなセカンドオピニオンですが、有料ベースでも良いので提供してくれるサービスがあれば、迷える保護者としては助かるのですが。メインの塾に相談するのは良いとしても、うまくいかなくなった場合には、もっと多角的に子供を分析したほうが、解決策が見いだせるかもしれないし。

 

 

★現時点の立ち位置:

・塾アドバイスに従い現学年カリキュラムを深堀りしつつ、夏休みは公文を進める。

①公文数学:H教材(=中2)/上位0.5%【2018年1月19日から】

②公文国語:GII教材(=中1後半)/上位1.1%【2018年4月19日から】

③思考算数:きらめき算数脳2年の復習【2018年6月30日から】

④直球算数:四谷ジュニア予習シリーズ3年上【2018年6月30日から】

⑤漢字:3年生を総復習(漢検・Z会・学研)【2018年6月15日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

Posted by senki