小4/サピックス:6月度マンスリー確認テスト(準備する必要性を感じない)

2019年05月(小4)


2019年5月29日(水)、朝。

 

結論として、マンスリーテストに対して何か準備をする、という必要性を感じません。

 

理由は簡単で、

 

①理社は毎日時間を確保して復習しているので、試験直前にあわてて復習する必要性が無い。

 

②国語の漢字や語彙力は既に既習なので、毎日復習しているのでやることがない。記述問題はでたとこ勝負。

 

③算数は既に小4領域は完了しているので、サピックスで復習している状態。

 

だから。

 

尚、理社については、四谷大塚の「先取りシリーズ」の演習問題を解くことで、サピックスの試験対策にもなると考えます。まだ手を付けていませんが。

 

2019年2月に新小4のサピックスカリキュラムが開始し、たしか4月頃に理社の対応が遅れて一度崩壊し、そこから対策を練っていったのではあるけど、もう安定稼働しています。そもそも授業前に白地図トレーニングは完璧な状態になっているし。

 

マンスリーでこれだから、組分けテストも特に準備することがないじゃないか。なんだこれ?

 

サピックスではα1に拘る必要はさほどなく、α1-3ならば同じ内容なので、眼前のクラス分けに拘ることなく、公文数学J・国語J・英語Cを復習しながら進めていき、中学受験終了後に備えようと思います。

 

・・・とはいえ、だいたいこういうことを書きだすということは、どこかに穴があるというのが過去3年間のパターン(笑)。なにかを見落としている可能性大なので、ありのままを記録しておく。

 

 

★現時点の立ち位置:

・公文からサピックスへシフトを開始する。

①公文:数学J(=高1)/上位0.3%【2019年1月29日から】

②公文:国語J(=高1)/上位0.5%【2019年5月7日から】

③公文:英語C①【2019年5月7日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック(+αで市販教材活用)

⑤語彙:言葉力1100・1200 + 言葉ナビ上・下巻 + ことば1200

⑥漢字:小4を深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki