小4/ジュニア算数オリンピック:会場別分析を進めた結果

2019年06月(小4)


2019年6月30日(日)。

 

親切な方が、こっそり教えてくれました。

 

「申込書のパンフレットに、会場一覧がある。会場コードが掲載されていますよ。」

 

面白そうということで調べてみました。確かに掲載されていました。

 

そして、この会場一覧が示す大事なことは、「サピックス・早稲アカ・四谷大塚・日能研・グノーブル・希学園・エクタス・エルカミノ・りんご塾・スクールFC」他が校舎を提供しているということ。

 

全部集計するのは面倒なので、ファイナリスト4名以上の27会場のみ集計してみました。結果は以下の通り。

 

 

「会場を提供した塾」なので、そこの塾生とは限らないことに注意すべきですが、他塾のアウェイな環境で受験する方は稀だと思います。

 

・・・少々恐ろしいのは、公開情報から分かってしまうことなんですよね。小学生が受験する種目は、①算数オリンピック、②ジュニア算数オリンピック、③キッズBEE。小学生での「広中杯」と「ジュニア広中杯」は例外中の例外。よって、上記①②③について、詳細に分析すれば「算数オリンピックに挑戦するような生徒が集まっている塾や校舎」を推定することが可能、ということになります。

 

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学J(=高校基礎)/上位0.2%【2019年01月29日から】

②公文:国語J(=高校基礎)/上位0.5%【2019年05月07日から】

③公文:英語D(=小4)【2019年06月25日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック

⑤語彙:言葉ナビ上下+ことば1200+漢字の要

⑥漢字:小4を深堀り完了、宝物を探す日々

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki