読者の方へ依頼:サピックス小1の各年度の7月度組分けテスト受験者数(中間結果2)

2019年07月(小4)


2019年7月13日(土)。

 

情報提供ありがとうございます。現高1の保護者の方、つまり2010年7月(実際には6月末に組分けテストがあったそうですが)のデータを頂戴しました。

 

中間集計結果は以下の通りですが、2016年(=2022年組)以後、サピックスの小1での7月組分けテスト受験者が増加傾向にある、とは言えそうです。サピックスのテストは有料なので、他塾(四谷大塚・早稲アカ・日能研)とは異なり、入塾する意思をそれなりにもった方が受験することが特徴です。

 

このデータをもって、「中学受験の低学年化が加速している」という結論を導き出すのは早計ではあります。なぜならば、「他の塾の入塾者数が減少して、サピックスに流れているだけ」(=サピックスへの寡占化が進んでいる)、というデータの読み方もある為。

 

とはいえ、早いうちにサピックスで席を確保しておかないと、満員になってしまい、サピックスライフを開始すらできなくなる、というリスクは確実に増加していますね。

 

引き続き、情報提供をお待ちします。

 

■サピックス小1の7月度組分けテストの受験者推移

 

 

2019年7月(2025年組/現小1):1,418名

2018年7月(2024年組/現小2):1,131名

2017年7月(2023年組/現小3):[xx]名

2016年7月(2022年組/現小4):885名

2015年7月(2021年組/現小5):716名

2014年7月(2020年組/現小6):[xx]名

2013年7月(2019年組/現中1):[xx]名

2012年7月(2018年組/現中2):[xx]名

2011年7月(2017年組/現中3):[xx]名

2010年7月(2016年組/現高1):760名

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学J(=高校基礎)/上位0.2%【2019年01月29日から】

②公文:国語J(=高校基礎)/上位0.5%【2019年05月07日から】

③公文:英語D(=小4)【2019年06月25日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック

⑤語彙:言葉ナビ上下+ことば1200+漢字の要

⑥漢字:小4を深堀り完了、宝物を探す日々

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki