小4/コメントへの回答:「保護者へのコーチング事業の開発」①

2019年09月(小4)


2019年9月11日(水)。

 

コメントを頂戴しました。

 

=quote=

by dondon

>ゆくゆくは、「保護者へのコーチング」という業態を立ち上げたいとは思っていますが、まずは娘で結果を出してから(笑)。
 

小2男子の父です。ブログを日々参考にさせていただき、試行錯誤していますが、サピックスや他塾の模試で、かなり厳しい結果になっています。ゆくゆくと言わず、今すぐにでも依頼したいです(もちろん有料で)。

=unquote=

 

そう言って頂くと嬉しく思います。感謝します。

 

1年くらい前からいろいろとリサーチしてますが、僕が考えるところを、メモとして記録に残しておきます。

 

(1)世の中の課題

①学歴が再生産されている。首都圏高学歴富裕層は、教育投資を我が子にすることで、更に強化されていく。中学受験市場も低学年化し、ますます経済力勝負になりつつある。はっきりいって、子供目線からみたら公平な市場ではない。

 

②古き良き時代は去り、令和時代の中学受験は低学年の過ごし方が重要なのに、正しい情報が少ない。サピックスなども、低学年はほぼ放置プレー状態。小4以後は塾主導になるが、小1~3をどう過ごすべきか知っているのは、間違いなく保護者。塾の先生は知らないと思う。

 

③子供の長期的なキャリアを見据えた助言者が少ない。大企業に新卒入社→定年まで勤務、というモデルがほぼ崩壊しつつあるのに、令和元年時代の中学受験市場における保護者は圧倒的にレガシーモデル。これだけ社会人としてのキャリアが多様化しているのに、そこへの対応力強化も踏まえた上での中学受験とか、その後の海外留学へのパスも含めた形で子供を指導できる保護者は少ない。そして、この問題に気が付いている保護者も多い。自分自身がレガシーモデルでの勝ち組であることは自覚しており、年代的に自分は逃げ切れるが、我が子の時代には逃げ切れないであろうことを認識しつつある。

 

(2)解決方法

①クライアント

・中学受験を目指す小1~3の保護者(=世の中基準では富裕層)。

 

②価値の提供

・オンラインコーチング(スポーツジムでの筋トレのトレーナーに近いかも)

 

③情報の流れ

・コーチングする人 ←(メール or チャット)→ クライアント

・ポイントは双方「匿名」であること。

この世界、「匿名」でないと本音の話はできませんね。恥ずかしくて(だから、塾の先生には本音は恥ずかしい実態を曝け出すような相談ができない)。

 

④対価としてのお金の流れ

・クライアント→(直接寄付)→教育系慈善団体

・1,000円/月の月額固定。クライアントは、本音で相談とか愚痴を言える相手を1,000円/月で確保することになる。1,000円/月はイメージで、入札制にしても良いかもしれませんね。コーチの意欲も高まるから。

・コーチングに関わる人間は無償ベース。全額が寄付に回る。これで対価を得てしまうと、保護者に対して忖度することになる。自分のボランティアにより、寄付に回ることで達成感を得られる。

・これにより「教育機会の不平等」が軽減すると良い。

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス50%、中学入学後50%

①公文:数学J(=高校基礎)/上位0.2%【2019年01月29日から】

②公文:国語J(=高校基礎)/上位0.5%【2019年05月07日から】

③公文:英語F(=小6)【2019年09月03日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック

⑤語彙:言葉ナビ上下+ことば1200+漢字の要

⑥漢字:小4を深堀り完了、宝物を探す日々

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki