小5/リブログ:”小4/公文:親の関与は当たり前”

2020年05月(小5)


2020年5月20日(水)。

 

小4戦記君、1年前の記事。

 

新型コロナ問題でも、サピックスの対応がどうのこうの、と言う声もあるかと思います。しかし、僕にとって塾は単なるアウトソース先(=「下請け」)なので、それが機能しなければ単に自分でやるだけだったりします。

 

・・・中学受験業界の謎なのが、「塾に頼る」という行動をとる家庭の存在。「下請け」は下請けでしかないと思うのですけどね。

 

=quote=

公文には親の関与がマストです。

 

・・・というよりも、漢字検定も、算数検定も、英語も、サピックスも、四谷大塚マンスリーも、その他大手塾テストも、他の習い事も、運動系の取組みも、

 

全てにおいて親の関与はマストです。少なくとも小学生の間は。適切にマネジメントしないと、子供は睡眠不足になります。

 

勘違いしてはいけないのは、

 

①やるのは本人

②親ができるのはマネジメント

③自宅外でやることは全てアウトソーシング

 

ということだと思います。

=unquote=

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HII/上位45%【2020年5月13日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単3級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki