小5/リブログ:”小1/公文先取り:最大公約数で弱点発見(公文ドリル5年分数)”

2020年08月(小5)


2020年8月4日(火)。

 

小1戦記君、4年前の記事。

 

「12の倍数と15の倍数に弱い」というのは良い発見ですね。この発見が、11~19 x 1~9の2桁掛け算の暗記に繋がり、最終的には「計算視力メニュー」に進化しました。計算視力を暗記するかどうかで、その後の計算能力が大きく変わると確信しています。

 

=quote=

2016年8月4日(木)、朝。

 

08:20まで筋トレを継続。娘は学童(というサバンナへ)旅立っていきました。

 

最大公約数の問題で、弱点を発見。

 

①(36, 48)→[xx], 36/48

②(45, 60)→[xx], 45/60

 

つまり、12の倍数と15の倍数に弱い。12が4つあつまると48、というイメージが描けていない。だから、解けるけど遅い。

 

新たな筋トレメニューを考え付きました。弱点を強化しよう。

 

尚、算数はそれなりに進んでおりますが、「先取り」をしているという発想は、ほとんどありません。第一、「先に取る」ってなにかへン。学年ごとにこれをやれ、という基準は公教育のものにすぎず、私教育には全く無関係だから。できることをタンタンとやるのが大事。できなかったら、もどれば良いし。

 

だから、僕は公文のコンセプトが好きです。

=unquote=

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HII/上位45%【2020年5月13日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単準2級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki