小5/サピックス:2020年8月/夏期講習マンスリー確認テスト(僕による問題分析)

2020年09月(小5)


2020年9月6日(日)。

 

小5サピックスの8月マンスリー確認テストの問題分析です。結果発表があってから問題用紙を開くことにしています。自己採点もクラス予想も無益であり、単なる時間の無駄なので僕はしない主義です。

 

さて、

 

4科>国語>72>社会>2科>71>理科>69>算数>65

 

4科で偏差値72以上なので数字だけ見ると良いのですが、内容をみると酷いものです。中学入試本番で求められる水準までの距離から遠いので、この時点での立ち位置は意味は無いことを確認しました。課題山積です。いつも通り、娘が間違えた問題に鉛筆で大きな×をつけていきました。

 

(1)算数

 

毎回ですが、酷いですよねえ。サピックスの著作権には抵触しない形式で、酷い間違いの記録を残しておきます。

 

大問1(2)を間違えています。これで偏差値72って意味あるのかなwww。本当に娘は公文数学Jフレンズなのだろうか。このあたり、無理やり中学受験算数の方法でやって間違えているので、計算問題は方程式で解け、が正しいかも。正答率52%で、5点ですよ。これでもう本番では合否が決まると思いますよ、お嬢さん。

 

 

 

円の面積計算で直径と半径を間違えるのも酷いです。正答率58%で、5点です。さっきのと合わせて、もう10点ですよ。もうこれで不合格ですね、お嬢さん。

 

 

 

大問7(1)は素晴らしいですねえ!さすが、サピックスです。これは「文章を見て文字式として認識できているかどうか」を問うています。ほぼ、GMATの問題に似ていますね。やはり、サピックスで戦うならば中学代数の感覚くらいは養っておいてね、ということとしか思えません。これ、A・B・Cの三択なので、7,000名もいれば、とりあえず記号を何か書いておけば、正答率は33%に近くなります。正答率が27~45%ですが、これは親としては数字の読み方には注意が必要です。この問題は復習するときに立式させる必要があります。

 

(2)国語

 

大問1の「勤行(→ごんぎょう)」と「つく(→就く)」を落としていました。まあ、あとの問題はほぼ落としていません。大問4は全問正解(記述2問も満点)。長文の質が上がってきましたが、既に620冊以上の本を読みこみ、吉村昭にも対応しているので大丈夫です。既に有名中の国語では戦えるレベルに到達しているので、中学受験という時間軸では、この先どれほど文章のレベルがあがろうとも、問題ありません。文章が難解であればあるほど、娘に有利になる構造を構築済みです。

 

(3)理科

 

大問1-2は満点。しかし、大問3で失点。これをみて、やはりモノグサ戦記塾で花のつくりは要暗記ですね(まだリリースできていない)。暗記しないと、駄目です。これは全問取れたはずですし、サピックス生はとれないといけません。単なる知識問題ですので。大問4は2問間違いですが、これは計算問題で間違えているので、自宅復習でじっくりとやって貰おうと思います。

 

(4)社会

 

偏差値71でしたが、娘が落としている基礎知識問題を見ると、これまたアテにならない偏差値であることが良く分かります。

 

とはいえ、大問1(4)と(5)はシビアですね。。そして、大問1(8)もアとエで悩む。娘は札幌市と旭川市を斜線で消しているので、最後の2択で悩んだ様子。大問1を見ていて思うことは、農産物ランキングと工業地帯ランキングで戦記塾で鍛えてある娘に有利になったようです。

 

大問2をみて思うことは、小5サピックス生は、さっさと「サピックス重大ニュース」をやった方が良い、ということですね。過去6年間くらいやれば、そのまま中学入試本番に対応できると思います。

 

白地図も歴史年表もコアプラスも既に完成しており、有名中の本番問題で24校分解いて合格最低点より下くらいは取れるレベルに到達していますが、「暗記しておくべき知識問題を落とす」ということは永遠に点が取れないことを意味します。

 

さて、一般教養やFail Fastとしての社会の実戦経験は獲得したので、そろそろサピックスや入試本番で点を取るための社会の勉強に切り替えたいと思います。ということで、スタディアップの野村さんの教材大人買いしました。届くのが楽しみです。サピックス生が、サピックスの教材だけやっていても、差別化できませんからね。

 

通常のサピックス生が、小5の9月から歴史暗記で疲弊する時間に、我が家は「実際の入試問題で社会で点を取り切る」勉強に時間を投資することにします。9~12月の3か月間でスタディアップの教材を使い倒すことにします。なんとなく、今の小6も同じように社会で点を取ることで、来年2021年1~2月の入試本番で合格する人は合格していくのではなかろうか。結局、算数でミスしないで点を取り切れるタイプの受験生以外は、社会に時間投資した方が点を取りやすいのですよね。

 

 

★現時点の立ち位置:
・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%
①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】
②公文:英語II/上位20%【2020年8月5日から】
③算数:塾カリキュラムでオントラック
④語彙:パス単準2級+言葉ナビ下巻
⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki