小6/記事レビュー:Yahoo「「中学受験」学校ランキングを揺るがす「お得校」とは」

2021年11月(小6)


2021年11月25日(木)。

 

・2021年11月25日:Yahoo「「中学受験」学校ランキングを揺るがす「お得校」とは」

 

=quote=

「お得校」とは、入口(入学時の偏差値)に比べて、出口(大学進学実績)がいい学校のこと。

 

6年間の面倒見のよさで結果を出し、人気を集めています。

 

お得校は、「東大合格者数」といったその学校の成績上位5%の進学実績ではかるものではありません。これは学校の指導力というより、生徒自身の能力と努力によるところが大きいからです。

 

見るのは、進学実績上位5%ではなく、ボリュームゾーンです。

 

僕の頭のなかでパッと今「お得校」として浮かぶのは、男子校だと攻玉社、女子校だと頌栄女子学院、普連土学園ですね。生徒をしっかり育てて早慶上智にたくさん合格させています。

 

もう少し入りやすい学校で言うと、男子校の佼成学園、女子なら桐朋女子。GMARCHにたくさん合格させています。

=unquote=

 

僕はこの考え方が大好きです。再現性が高い方法論は、価値がありますね。

 

 

 

★現時点の立ち位置:
・資源配分比率:中学受験90%、中学入学後10%
①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】
②公文:英語KII/上位5%【2021年11月19日から】

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki