新中1/記事レビュー:Yahoo「東京・神奈川「中学受験」2月1日午後の最新状況【2022年入試版】」

2022年01月(新中1)

2022年1月27日(木)。

 

・2022年1月27日:Yahoo「東京・神奈川「中学受験」2月1日午後の最新状況【2022年入試版】」

 

=quote=

すっかり定番となった2月1日午後入試

 

2月1日は、午前に第一志望の本命校を受け、午後には押さえの併願校を受ける。こうした受験スタイルが、ここ数年ですっかり浸透したようだ。1日午前は、中位校を中心に3日に行われる公立中高一貫校に合わせた適性検査型入試ラッシュとなっているが、1日午後には、中堅・中位校が工夫を凝らした入試を用意して受験生を待ち構えている。

=unquote=

 

我が家の用に「入学校によっては引っ越せばいいや」と考えるタイプでないのならば、1日の午後を受験する選択肢はかなり大事になると思います。

 

1月の最終週になって気が付いてきましたが、合格体験記やインターネット上に多数存在するブロガーの情報を「他者の先行事例」として分析する際には、

 

①共働きかどうか

②男子か女子か

③きょうだいの有無

④住む場所の自由度

 

を意識しないと、正しく読み取れないと思います(指摘していただいたSenkiChatのクライアントさんに感謝です)。詳細はまた今度分析します。

 

案外、④は大事なように思えてきました。都内と神奈川県在住の方で埼玉入試と千葉入試で目標を達成したとしても、現実的に通えるのか?、という問題がある以上、結局のところ選択肢は2月にしかないからです。そして④は、①の両親の職場、③のきょうだいの学校の場所に制限を受けます。

 

 

 

 

★現時点の立ち位置:
・資源配分比率:中学受験90%、中学入学後10%
①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】
②公文:英語KII/上位5%【2021年11月19日から】

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

Posted by senki