小1/公文先取り:最大公約数の衝撃

2016年08月(小1)


2016年8月2日(火)、朝。

 

06:00-08:20。たんたんと筋トレ。今日は公文教室があるので、プリントを朝やらなくてよいので、時間が豊富。サピックスは8月はないので、公文教室は週に2回行けます。娘も公文教室を楽しがっているので、朝の時間創出に感謝。

 

今朝のメインテーマ。

 

『くもんの小学ドリル 5年生の分数』の、「9 約分(5)」。約数、公約数、最大公約数。

 

ああ、これは、説明するのが大変だな、、、と僕は思いながら、

 

僕:「まずは考えてみて(といって、台所に皿洗いに立つ)。」

 

娘:「うん!」

 

30秒後。

 

娘:「全部できた!」

 

僕:「えー、すごいねー。(と言いながら、できるわけないだろう、皿を洗いたいのだが・・・)と思いながら見てみると)・・・合ってる。」

 

こんな問題。

 

①12の約数は、1、2、3、4、[xx]、12

②18の約数は、1、2、3、6、[xx]、18

③12と18の両方の約数は、1、2、3、[xx]

 

僕:「なんで分かったの?」

 

娘:「だって、そうじゃん。③の問題文には、りょうほう、って書いてるし。」

 

まさか、、と思い、次の問題と解かせました。

 

①12と18の公約数でいちばん大きい数は、[xx]。

②20と30の公約数でいちばん大きい数は、[xx]。

 

僕が机を離れて台所へ向かっている途中に、

 

娘:「できた!」

 

なんで解けるんだ??

 

皿を洗いたいので、次の問題。

 

①(8, 12)→[xx]

②(12, 30)→[xx]

③(18, 30)→[xx]

④(24, 40)→[xx]

 

これもサクサク解いていました。

 

娘:「約数の問題楽しいね!サピックスみたいに、考えないといけいないから。パズルみたいで最高!(と、ノリノリ)。」

 

その後、

 

①(12, 20)→[xx]、12/20=

 

を一発で解く、つまり最大公約数で約分する問題を、嬉々として解いていました。

 

驚きました。娘が解いていること自体にではなく、パズル感覚で数字を量として捉えて、解けたときに明らかに脳内麻薬が出ていることを感じたので。

 

そろそろ、11から19の掛け算を教えようか、ちょっと迷っております。素数の魅力を、そろそろ味わえるんじゃないかな。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki