僕の読書メモ:『口笛吹いて』(重松清著)

「僕」の読書


備忘メモ。

 

(1)書籍名

『口笛吹いて』(重松清著)

 

(2)感想

「口笛吹いて」、「タンタン」、「かたつむり疾走」、「春になれば」、「グッド・ラック」。主人公と同じ40代近辺の親として、小説に描かれる親子の関係、夫婦の関係に、感情移入してしまいます。

 

=引用=

 

誰だって、自分の子供が負ける姿など見たくはない。けれど、いつまでも勝ちつづける子供は、きっといない。勝ち負けなんてどうでもいいんだ – と言うのは、やはり、なにか偽善のような気がする。まっすぐな悔しさだけですむ、ねじれたり濁ったりしない負け方を、僕は息子に教えてやれるのだろうか。

 

=引用=

 

重松清の小説は、登場人物があまり幸せになれないケースが多いのだけど、その割り切れない歯がゆさも含めて、僕は好きです。自分、そして、将来の自分を投影してしまいます。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki