小1/漢字検定8級(=小3):「いちまる8級」を自力で1回転

2016年09月(小1)


2016年9月25日(日)、1600-1700。

 

僕は腰痛でダウン。

 

やむを得ず、朝のうちに、娘に「漢字の勉強方法」をレクチャーしておきました。

 

僕:「ごめん。腰がいたくて動けない。だから、自分で勉強してくれ。公文みたいな計算問題は、解くことが目標なんだよね。とにかく解けばよい。解けば、だんだん分かってくる。でも、漢字は解くことが目標ではなくて、覚えることが目標なんだ。だから、覚えた、と自信がつくまで、ひたすらやらないといけない。漢字を5個書けばよいとか、10個書けばよいとか、そういうことじゃない。覚えていないものをつぶすこと。覚えている問題に時間使うのは無駄。そして、その覚える勉強には、親は何も協力できないんだよね。覚えるのは、自分でやらないといけない、ってことさ。」

 

娘:「自分でやってみるね!」

 

初めは試行錯誤していたようですが、だんだん、理解してきたようです。

 

教材は、「いちまる8級」。

 

①2冊ある。1冊目は「こたえ」のシール。答えが書き込んである。もう1冊は空欄。「もんだい」のシール。

 

②「もんだい」を読む、書く。間違えたら×をつける。

 

③×がついている問題のみ、繰り返す。

 

・・・1時間後、

 

娘:「おわったよー。」

 

僕:「(ベッドに横のまま)何日目まで終わった?」

 

娘:「全部おわったよー。」

 

僕:「え?全部?」

 

妻:「全部やってたわよ。復習問題はやらなくていいのよね?(→Yes、やらなくてよい。復習問題は最後に解くのが正しい勉強法だから)」

 

ということで、娘一人で「いちまる8級」を一回転復習できたようです。親が暗記系科目での関与を続けるのは時間的・体力的、そしてイライラ的(笑)にも限界がいずれやってくるので、極力自力でできる体制に移行しようと考えます。

 

その意味でも、小1の11月の段階での漢字検定8級(=小3)は、勉強方法確立のモデルケースとして、良いターゲットなのかもしれませんね。ちょっと難しいけど、達成不可能なゴールではないので。

 

勉強頑張っているお子さんは、すでに小6の漢字まで終えているかと思います。すごいよねー、かっこいいよねー、親力凄すぎ。なによりも、目の付け所が良い。早い段階での漢字学習は、①読書の幅が広がる、②社会(地理・歴史・公民)に進出できる、③日常生活から入ってくる情報量が各段に増加する、④漢字の習熟に時間を使える(=知っているレベルから使えるレベルへ)、という、何倍にもレバレッジがかかる圧倒的アドバンテージがありますので。サピックスに3年生2月(=小4)から入ってくるお子さんって、たぶんそういう、目の付け所が良い、全体像を理解している親にマネジメントされたお子さん。

 

僕は気が付くのがちょっと遅れてしまったのではありますが、まだ小1なので、いくらでも方向修正できる範囲。この時間軸での選択肢の多さが、小1からサピックス通学や勉強を開始するメリットなのかもしれませんね。我が家は、楽しめる範囲で、地道に筋トレを娘にさせたいと思います。

 

新しいことができるようになるのは、楽しいことだから!

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki