僕の遊び:漫画『アンゴルモア 元寇合戦記』(5巻目)

「僕」の学び


元寇についての知識が深まる漫画ですので、中学受験業界ではもう定番ですね(?)。娘にも読ませたい(一部シーンを除き)。

 

『アンゴルモア 元寇合戦記』(たかぎ七彦)

 

5巻目をようやく読めました。朽井迅三郎がとても実戦向きな元鎌倉御家人なのも面白いですが、この漫画を読むまで、元寇については竹崎季長の『蒙古襲来絵詞』くらいの知識しか僕もありませんでした。実際に、どうやって対馬の人々が戦ったのか、想像が膨らむのが実に楽しいですね。

 

「元寇史料館」(福岡市)の展示はしょぼそうだけど、一度は行ってみたい。

 

 

★この記事のエントリー時点の状況:

①サピックス:小1最上位クラス、②公文算数:E教材(=小5)、③公文国語:CII教材(=小3後半)、④漢字検定:8級(=小3)を2016年11月6日に受検し12月1日の発表待ち

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki