小2/公文:国語FIの『ことわざの論理』が”とても”難しい

2017年10月(小2)


2017年10月25日(水)。

 

だんだん、公文国語が難しくなってきました。説明文だからかもしれませんが。

 

FI 77

 

=quote=

ことばの慣用というのはたいへんデモクラティックなものである。はじめは誤りとされる用法であっても、多くの人が使っているうちに、まちがいではなくなることはいくらでもある。

 

「とてもおいしい」

 

というような、"とても"を肯定の語といっしょに使う語法は、かつて、柳田国男をして"腰を抜かすほどびっくりした"と言わせた奇想天外なものであったが、いまではごく当たり前で正統的なものになった。いかにことばにうるさい人でも平気で使っている。

 

もともと、"とても"は後ろへ否定のことをともなって、「とてもできない相談だ」というように使われることばだった。それを肯定のことばと結び付けたところに斬新さ?があったわけである。はじめのうちはたいへん抵抗が強かったに違いないが、そこがまた新しさと感じられたのだろう。

=unquote=

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:上位8%【2017年7月組分けテスト】

②公文数学:G教材(=中1)【2017年3月24日から】

③公文国語:FI教材(=小6前半)【2017年9月24日から】

④漢字検定:5級(=小6)【2017年10月15日に5級合格(自己採点)】

⑤トップクラス算数徹底理解編:小2【2017年8月4日から】

⑥きらめき算数脳:小3【2017年10月1日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki