小2/日能研:2017年6月/日能研全国テスト(受験票が到着)

2017年10月(小2)


2017年10月28日(土)。

 

日能研から受験票が到着しました。

 

前回は2017年6月に受験。今回は、前回とは異なる校舎を選択しました。自宅から通える校舎は見ておこうと思います。

 

受験票と一緒に入っていたパンフレット類も、僕として勉強になります。

 

①日能研は3年生から「予科教室」が本格化する。それは、「小学校では国語・算数・社会・理科の4科が初めて時間割に並び、学習内容も質的に大きく変化する3年生」だから。

 

②国語は記述。算数は和と差など。

 

③冬期講習は2年生からある。

 

・・・資料を見る限り、サピックスよりも温い印象です。首都圏大手進学塾は、小1~3は力を入れていませんね。たぶん、「力を入れる意味があまりない」からなのだと思います。

 

ここで問題になるのが、以下のどれなのか。

 

① 「(キャッシュを産むビジネスとして)力を入れる意味があまりない」

→低学年でガツガツやる家庭の市場規模が小さすぎる。

 

② 「(教育の観点から)力を入れる意味があまりない」

→低学年学習は効果を産まない。高学年での成績を担保しない。

 

③ 「(塾の合格実績確保の観点から)力を入れる意味があまりない」

→低学年で生徒を囲っても、その生徒が合格実績を産むとは限らない。塾が欲しいのは高学年時点で見込みのある生徒。

 

・・・最近思うのですが、我が家のようなタイプは恐らく周りからは「ガツガツやっている」と認識されているはず(何かを犠牲にして勉強しているわけではないので、僕も娘もガツガツやっている認識はないのですが)。

 

でも、我が家レベルでも、世の中からみればニッチなような気がします。市場全体(首都圏中学市場約40,000人)そのものが小さいのに、更にニッチなわけです。一言でいうと、単なる低学年教育オタク

 

結局のところ、「なぜサピックスなどの大手進学塾が低学年向けに本気でコースを作らないか?」の理由は、「市場がニッチで規模も無く経済性の観点から魅力が無いから」だと思います。

 

儲かるならば、ちゃんとコース作るよなあ。

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:上位7%【2017年10月確認テスト】

②公文数学:G教材(=中1)【2017年3月24日から】

③公文国語:FI教材(=小6前半)【2017年9月24日から】

④漢字検定:5級(=小6)【2017年10月15日に5級合格(自己採点)】

⑤トップクラス算数徹底理解編:小2【2017年8月4日から】

⑥きらめき算数脳:小3【2017年10月1日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki