小3/早稲アカ:2018年8月/サマーチャレンジテスト(無事に受験→保護者会)

2018年08月(小3)


2018年8月25日(土)、午前中。

 

妻の引率にて無事に受験してきました。

 

(1)感想

娘:「算数は最後の大問の2問が時間切れで解けなかった。また、解説授業で1問間違えているものがあった。」

 

娘:「国語は全部埋めたけど、漢字を1問間違えてしまった。」

 

ということなので、厳しい現実を見そうです。いつも通り、自己採点はせずに、8月30日(木)のWeb結果発表を待つことにします。穴を見つけることができればと思います。

 

尚、算数と国語の問題を見て思うことは、小3の夏の段階で、30分という制限時間に対する分量。小2の世界とは全く違いますね。まだ中学受験学習が本格化していない段階のはずなのですが。

 

(2)保護者会

妻が参加してくれました。会場引率だけで十分で、保護者会参加はお願いしなかったので、ありがたいことです。妻のメモのポイントは以下の通り。

 

①早稲アカの場合、小3半ばから小4になるまでは、アドバンテージとなる先取り学習。小4から小5は、本格的なカリキュラム始動。小6は総合演習。早稲アカでは、小3夏からノートを取り始めるということを教えている。

 

②今は立体の可動範囲が関西中心にブーム。首都圏でも2~3年後には当たり前になるだろう。

 

③中学受験で子供たちが得るものは、非認知能力。数値に表せない能力。自己認識、意欲、忍耐力、自制心、社会的適性、回復力と対処能力、創造性など。これらは、他者に奪われない一生の宝。

 

④大学入試改革の全体像。大学入学共通テスト(数国は記述、英語の民間試験活用して四機能を測定)、小論文、プレゼン、討論、面接、推薦書、活動報告書、学習計画書(入学後に何をしたいか)→クリティカルシンキング。これからの時代に求められる人材。今年の東大理I「外国学校卒業学生特別選考」の小論文問題が参考になる。

 

=quote=

人類の科学史上、重要な転機となった事柄を一つ挙げ、人類にとって益になったこと、不利益になったことについて説明せよ。今後、同様な転機があるとすれば、それはどのような事柄か。また、それによって起こると思われる不利益を減ずるためにはどうしたら良いかを述べよ。

=unquote=

 

⑤中学受験は特殊な世界。中1での公立進学率は、東京73.4%、埼玉94.7%、神奈川88.2%、千葉93.3%、茨城94.4%。東京でも私立に通うのは27%ですよ。

 

⑥有名私大一般入試。応募倍率がどんどん上昇。早慶は2014年に4.6倍だったものが、2018年は5.7倍、GMARCHは4.5→6.2倍。合格者の数がどんどん減っている。定員オーバーすると補助金削減するという通知。定員厳格化。浪人増加→各予備校で浪人の受入停止(定員オーバー)→来年の受験さらに大変。

 

⑦小3夏期講習のテキストの紹介。植木算で、「絵に描ける」基本問題と「絵に掛けない」応用問題。知能の発達差があるため、応用問題ができるとは限らない。基本問題を繰り返し解かされる→まちがえる→怒られる→勉強が嫌になる、がよくないサイクル。知能の発達の問題があるので、数か月待った方が良い場合もある。子供がやれることは反復すべきだが、やれないことは待つ必要がある。子供の成長の個人差が大きい。簡単な問題でルールをみつけることが重要。なぜ三角形の内角の和が180度なのか。この理由を知る力。知らないで公式を使っているような子供は、小5くらいで周りに追いつかれる。

 

⑧ケアレスミスについて。まずはミスを分類すべき。入力時、判断時、出力時。おっちょこちょい型に対して、叱るのは逆効果。日頃から行動の直前に一拍置く習慣。ぼんやり型は、読み落としが多い、特に単位や条件。聞かれているものに線を引く訓練。尚、本当にミスかどうか?免罪符にしていないか?理解していないのでは?公式丸暗記や、裏技暗記になっていないか?

 

⑨読書は好きだが、国語の成績が上がらない。速読と精読は違う。子供に速さと量を求めていないか?丁寧さにも価値を置くべき。

 

(3)早稲アカについて

早稲アカは、2017年12月の冬のチャレンジテスト2018年3月の春のチャレンジテスト、を受けていますが、保護者会での説明も含めて丁寧で良い塾だなと思います。

 

サピックスとはいろいろな意味で異なります。本来、塾の個性を理解してから塾を選択すべきですが、経験しないと中身を理解できない。向き不向きが結構あると思うのですが。

 

 

★現時点の立ち位置:

・塾アドバイスに従い現学年カリキュラムを深堀りしつつ、夏休みは公文を進める。

①公文数学:H教材(=中2)/上位0.5%【2018年1月19日から】

②公文国語:HI教材(=中2前半)/上位1.1%【2018年7月20日から】

③思考算数:きらめき算数脳3年【2018年7月31日から再開】

④漢字:3年生を総復習(漢検・Z会・学研)【2018年6月15日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

Posted by senki