小4/リブログ:”小1/読書:20冊を読ませてみて一旦反省”

2019年09月(小4)


2019年9月18日(水)。

 

小1戦記君、3年前の記事。

 

「読書なんて自由にやればいいじゃん」。これは正論なのですけど、読書の方法を知らない低学年に自由にやらせると、結局大人基準でいうところの「読書」はしていないんですよね。だから、

 

親:「うちの子、あんなに読書していたのに、国語のテストでは全く歯が立たない。。。なんで。。。」

 

と小2とか小3くらいで痛い目に遭うことになります。それまでに失った膨大な時間は、二度と取り返せないことが恐ろしい。

 

=quote=

過去、妻による娘の読書管理のやり方が雑。「戦略性が無い」、「記録に残していない」。一言でいうと、頭を使って段取りを考えてない。

 

考え抜いてトライしている同級生たちとの競争なので、無策のままやって勝てるはずがない。ということで、僕がマネジメントするようになってから、ほぼ2週間。

 

毎日コンスタントに1~2冊を読んで現在に至りますが、いったん反省をまとめておきます。

=unquote=

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス50%、中学入学後50%

①公文:数学J(=高校基礎)/上位0.2%【2019年01月29日から】

②公文:国語J(=高校基礎)/上位0.5%【2019年05月07日から】

③公文:英語F(=小6)【2019年09月03日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック

⑤語彙:言葉ナビ上下+ことば1200+漢字の要

⑥漢字:小4を深堀り完了、宝物を探す日々

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki