RISU算数:RISU算数への取材 ③「教え方も工夫しない方が良い」

2020年02月(新小5)

2020年2月5日(水)。

 

「RISU算数」などを展開するRISU Japan株式会社の今木智隆さん(代表取締役CEO)との対談シリーズです。取材したのは、2020年1月某日。

 

 

image

 

 

====

 

僕:「教育投資はどういうタイミングで、どういうふうにやるのが良いんですかね?」

 

今木:「Best Practiceですよね。算数はめちゃくちゃ得意になる必要はないけど、どんどん悪化していく危険性のある科目ですからね。4歳から5歳くらいのタイミングで、教材をいくつかためしてみて、はまったところで続けさせてあげるのが大事だと思います。そこで、努力すればある程度のところまでは行けるんだよ、と早期に成功体験を積ませてあげることが第一段階でしょうね。あとはまあ、戦記さんのブログを見ても分かる通り、結構中学受験とかって体力勝負なんです。だからスキーとかサイクリングで体を動かしておくのは大事かもしれませんね。体力をつけるのは、僕は肯定的なんですよ。精神力も含めて。」

 

僕:「ほんとうに体力勝負なんですよね。」

 

今木:「あと、普段の学習はヒューマンインターフェースの観点から、教材に色があった方が良いですね。モノクロだと、明らかに子どもの食いつきが悪くなります。ちょっとした彩り、潤いというか、遊び心があるといいです。仕事でいうとブレーンストーミングに相当するものですかね。」

 

僕:「RISU算数の競合も見てみたんですけど、そもそも"EdTech"(※Education(教育)とTechnology(テクノロジー)を組み合わせた造語)で、算数に特化して生き残っている会社ってあんまりないですよね?」

 

今木:「あんまりないですね(笑)。」

 

僕:「RISU算数は体系的なんですよ。」

 

今木:「そうですね。算数って、その体系を把握している人が見れば、ある単元の問題が解けないときに、どこに戻るべきかが明確に分かります。だから、いかに冷静になるかが大事だと思っています。例えば、低学年の算数で70点を取ったとします。これは、僕にとっては結構致命的です。70点って一見低くない点数ですが、もしかしたら実際は文章題の所を丸々落としているかもしれないんですね。だから、一夜漬けでどうにかなる科目で取った70点とはわけが違うし、周りの先生や大人が言う『70点取れていれば大丈夫!』は鵜呑みにしないでほしいです。」

 

僕:「算数はボリュームでカバーできませんね。」

 

今木:「できません。とはいえ、間違った認識を持ちやすい学問でもあると思います。算数はロジックが明確なので、その通りにやればいいんですよ。教え方も工夫しない方が良いと思っています(笑)。家庭学習でも同じなんですが、いかんせん『これだけ時間を使って教えて、塾も探して、手厚くしているのに!』となりがちなんですね。」

 

僕:「努力の方向性を間違えているパターンですね。」

 

今木:「そうなんですよ。アウトプットにつながらないリソースの使い方をしている。『ほんとに大事なのは、そこなのかな?』となります。現状、子どもがどういう特性で、どういったところでつまづいてて、というところは無視されてしまう。成績を伸ばすのであれば、本当に合った教材を使って効率的にアウトソースした方が楽なんですよね。」

 

僕:「RISUは楽ですけどね。何もしなくていいのが逆に問題かもしれません。」

 

今木:「マイページだけは見ておいてください、と会員の方には伝えています。あと定期的に学習状況についての連絡がいくようにもしています。ところが、RISUの課題として解決できていない点もあります。具体的に言うと運動会や別の習い事など、子どもが別の活動で忙しくなって学習が停止してしまうパターンです。そしてログインさえしなくなってしまう。この自然消滅が何によるものなのかまでは分からなくて、結構苦労していますね。お盆の帰省とかで一回家庭学習の習慣が途切れるタイミングが危ないんです。このあたりはおうちの方がしっかりと見てあげる必要があると思います。当たり前ですが、子どもって別に勉強したくて生きているわけではないので。習慣をキープするのは、親の重要なミッションだと思います。」

 

僕:「おっしゃる通りですね。毎日ちゃんとやればいいんですよね。秘訣なんてありません(笑)。RISUをやるのも朝が良いと思います。」

 

(続く)

 

====

 

 

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語GII/上位66%【2019年12月4日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単5・4級+言葉ナビ上・下+ことば1200

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

Posted by senki