新小5/リブログ:”小1/公文:公文で腹筋を割るBest Practice”

2020年02月(新小5)


2020年2月7日(金)。

 

小1戦記君、3年前の記事。

 

直近のサピックスの成績がダメな状態で、よくぞまあ、「公文で腹筋を割るBest Practice」という偉そうなタイトルで仮説を世に公開したものですね。小1戦記君は心臓に毛が生えているように思うwww。でも、"彼"が書いている通り、「あとで見直して、反省することに意味がある」。今見直してみても、書いてある内容に違和感がありません。

 

サピックスの成績はブレるので、過度に気にしてはいけないということの証左だと思います。

 

=quote=

尚、我が家は直近のサピックス算数でダメな結果なので、現時点の断面では、なんとも信憑性の低いBest Practiceです。が、あとで見直して、反省することに意味があるので、恥を晒します。次回は算数F(=小6)が終わった段階で、まとめてみます。

=unquote=

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語GII/上位66%【2019年12月4日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単5・4級+言葉ナビ上・下+ことば1200

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki