新小5/リブログ:”小1/公文:算数F145-F146(熟成進んできました)”

2020年02月(新小5)


2020年2月15日(土)。

 

小1戦記君、3年前の記事。

 

算数F(=小6)は、真面目に3回くらい繰り返したようです。公文教室によっては、一律5回繰り返すなどの指導をしているところもありますので、先生の差が大きいと思います。娘の場合は、算数C(=小3)の1桁掛け算は、30枚くらい(正確には覚えていない)はパスしました。だって、出来ることを確認しても意味がないからです。柔軟に対応してくれる先生の方が、娘の場合にはフィットしたのかなと思います。

 

=quote=

現時点の実力があれば、金曜日の算数F終了テストは大丈夫そうです。算数Fは先生の方針により3回くらい繰り返しをしましたが、その価値がありますね。娘の場合、1回だけでは全くダメ。2回でもダメ。3回やりこんでようやくですね。

 

あとは、自らが間違いのパターンを認識し、計算途中に修正していくことです。この姿勢がないと高学年になると辛くなってくると予想されるので、これを学んだ貰う必要があります。

=unquote=

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語GII/上位66%【2019年12月4日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単5・4級+言葉ナビ上・下+ことば1200

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki