新小5/リブログ:”新小4/公文:娘による自己採点の解禁という大転換(数学J27から)”

2020年02月(新小5)

2020年2月23日(日)。

 

小3戦記君、1年前の記事。

 

1年前に丸付けを解禁。ということは、ほんと3年間、僕がずっと担当してきたことになります。丸付け作業は親としては辛いが、子供の状態を把握する良い機会なので、極力親が担当した方が良いと思います。娘の場合は、新小4が本格化する2月がそのタイミングでした。

 

=quote=

僕は、2016年3月から3年間、毎日毎日、公文の丸付けをしてきました。

 

公文の学習効率を飛躍的に高める、「自宅採点」。当初、僕はこの制度の存在を知らず、2016年3月から9月迄、娘と一緒に解いていたが、間違いだらけで娘からクレームがきた、という笑えない経験があります。この反省録を見返すと、2016年9月からは「解答冊子」に基づいて「自宅採点」をしているので、娘が間違えたらその場で直しているということになります。

 

・・・そんな丸付けですが、本日付けで、僕は娘の公文の丸付けから卒業することにしました!嬉しさ半分、そして、、、寂しさ半分。

 

きっかけは特に無し。今朝も僕は娘の公文の丸付けをしていましたが、①高校相当の「処理」をやっているのだから、そろそろ娘にも自己採点する能力はあるだろう、②サピックスの採点は全て任せているので公文は更に楽だろう、③間違えた問題やできない問題は「宝物」というマインドセットが浸透したので、答えを渡しても甘い採点をしたり、写すずるはしないと思われる(とはいえ、解いた後に答えを渡すようにする)。

 

僕:「はい、今日から公文の丸付けも君に託す。あとは自力でやってくれ。」

 

娘:「うん!」

 

娘が初めて自己採点をした、数学J27。これには、娘に署名してもらいました。娘がまた一歩成長した、記念すべきプリントです。

 

娘:「やったー!これで、パパが朝うだうだしていて丸付けしてくれないときとか、起きてこないときとか、私一人で完結できるじゃん!」

 

おおおお、そう思われていたのか(汗)。

=unquote=

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語GII/上位66%【2019年12月4日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単5・4級+言葉ナビ上・下+ことば1200

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

Posted by senki