新小5/英語:英検4級(過去問3回目)

2020年03月(新小5)


2020年3月14日(土)。

 

明日はサピックスの3月組分けテストだが、体力の残っている午前中に英検の過去問を実施。

 

尚、(1)と(1′)にして、過去問の数え方を変更をします。つまり、異なる問題では3回目。

 

====

(1)2020年1月26日(日):2018年度第2回

①筆記:12問正解/35問(→正答率34%)

②リスニング:16問正解/30問(→正答率53%)

③合計:28問正解/65問(→正答率43% < 合格水準60%)

 

(1′)2020年2月24日(月・祝):2018年度第2回

①筆記:21問正解/35問(→正答率60%)

②リスニング:17問正解/30問(→正答率56%)

③合計:38問正解/65問(→正答率58% < 合格水準60%)

 

(2)2020年3月3日(火):2018年度第1回

①筆記:12問正解/35問(→正答率34%)

②リスニング:23問正解/30問(→正答率76%)

③合計:35問正解/65問(→正答率53% < 合格水準60%)

 

(3)2020年3月14日(土):2017年度第3回

①筆記:18問正解/35問(→正答率51%)

②リスニング:22問正解/30問(→正答率73%)

③合計:40問正解/65問(→正答率61% > 合格水準60%)

====

 

・・・ということで、合格水準に到達してきました。

 

娘:「ほんと、パパの言う通り、単語と読解量が大事だね!」

 

現在、公文英語HIなので、読解量の最低限の確保は公文にお任せすることにします。公文英語は使い方を間違えなければ、とても便利な教材です。

 

尚、今回から以下方法で、娘と解き直しをすることにしました。

 

①英検の筆記の答え合わせと解説は、全て娘も僕も英会話で実施する。やってみて理解しましたが、英語のテストを日本語で解説するのは効率が悪いですね。TOEFLとGMATで思い知りましたが、答え合わせは英語でやるのが早いし、イントネーションも含めて理解できます。

 

②リスニングの解き直しはしない。理由は、僕が面倒なので。公文英語でのリスニングインプットを継続すれば、自然に伸びると思われる。

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HI/上位45%【2020年3月10日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単5・4級+言葉ナビ上・下+ことば1200

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki