新小5/英語:英検4級(過去問4回目)

2020年03月(新小5)


2020年3月28日(土)。

 

外出できないので、消去法的に英検4級の過去問を解きました。

 

パス単4級は単語も熟語もほぼ完璧になったので、この状態で受験したら正答率がどれくらい上がるのか、の実験となります。

 

結果は以下の通り。

 

====

(1)2020年1月26日(日):2018年度第2回

①筆記:12問正解/35問(→正答率34%)

②リスニング:16問正解/30問(→正答率53%)

③合計:28問正解/65問(→正答率43% < 合格水準60%)

 

(1′)2020年2月24日(月・祝):2018年度第2回

①筆記:21問正解/35問(→正答率60%)

②リスニング:17問正解/30問(→正答率56%)

③合計:38問正解/65問(→正答率58% < 合格水準60%)

 

(2)2020年3月3日(火):2018年度第1回

①筆記:12問正解/35問(→正答率34%)

②リスニング:23問正解/30問(→正答率76%)

③合計:35問正解/65問(→正答率53% < 合格水準60%)

 

(3)2020年3月14日(土):2017年度第3回

①筆記:18問正解/35問(→正答率51%)

②リスニング:22問正解/30問(→正答率73%)

③合計:40問正解/65問(→正答率61% > 合格水準60%)

 

【この間にパス単4級を仕上げた】

 

(4)2020年3月28日(土):2017年度第2回

①筆記:26問正解/35問(→正答率74%

②リスニング:27問正解/30問(→正答率90%

③合計:53問正解/65問(→正答率81% > 合格水準60%)

====

 

・・・ということで、受験2か月前の状態で、正答率を80%以上に上げることができました。

 

尚、今回面白かったのが、筆記の大問4、すなわち長文(でもないけど)読解の10問が全問正解だったこと。過去問3回目でも正答率は50%程度だったのが、いきなり100%になりました。

 

娘:「パパの言っている意味が良く分かった。英語は、単語と熟語を押さえておけば、長文読解は簡単だね。だって、情報量が多いから、迷うことなく答えを出せる。でも、最初の方の文法問題は短いから、だから難しい。知っているかどうかだから。」

 

どうやら英検4級はもう大丈夫そうだし、パス単4級も単語・熟語は完成したので、パス単3級に駒を進めることにしたいと思います。

 

その上で、そろそろ英語の長文読解を開始ですね。でも、公文英語HIをやっていると、既にORT Level 6は超えてしまったような予感。。せっかく買ったので読まない手はありませんし、英語初学者から見えるORTのプロセスも僕が理解したいので、実験としてそろそろ開始することにします。

 

その上で、娘が好きそうな本の原書を買ってしまった。。長文読解には良さそうな素材なので。

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HI/上位45%【2020年3月10日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス4級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki