小5/社会:歴史のカケラ④(オランダ東インド会社による輸出伊万里)

2020年06月(小5)


2020年6月18日(木)。

 

僕は小学生時代から器が好きでした。きっかけは、小学生の時に頂いたウエッジウッドのカップでした。そこから始め、大学生時代には家庭教師のアルバイトで稼いでいたことから、ジノリ・ロイヤルコペンハーゲン・マイセン、、、と、お決まりのパターンで随分とお金を使ってきました。

 

娘が生まれてからは、日本の現代作家さん系に走りました。我が家は、和食が基本だからです。我が家にある和食器は全て作者名が分かるものであり、特に某作家さんについては日本有数のコレクションを持っています。

 

・・・とまあ、趣味の世界を突き進んできました。

 

僕が古伊万里の世界を知ったのは、ちょうど1年くらい前です。実に遅いデビューだと思います。それまでは、古伊万里は「古い器」くらいの知識しかなかったのですが、有田焼に関する歴史を紐解いていくと、これが面白くてたまらない。

 

それから時間をかけてコツコツと勉強をし、僕が好きな古伊万里が分かってきました。それは、

 

①染付であること。眺めていて飽きない。

 

②輸出伊万里であること。すなわち、江戸時代の1650年代から1750年代まで、出島のオランダ東インド会社(VOC)経由で欧州に輸出された古伊万里。

 

③大きすぎないこと。30cmを超えるような器は飾るには良いが、日常的に使えない為。

 

④鑑賞に値すること。これは個人的な趣味の問題ではありますが。

 

⑤完品であること。

 

・・・探しに探し、ようやく手にしたのが、こちら。

 

 

image

 

 

江戸時代の8代将軍吉宗の時代である享保から元文にかけての作品です。1740年前後。形状から、江戸時代の国内の食卓で使われた可能性は少なく、ヨーロッパからの里帰り品として考えるのが自然だと思います。当然、何が真実かは、この器自身しか知りません。オランダ東インド会社の社員がこれを使ったかもしれないし、ヨーロッパの誰かが使ったかもしれないし、実はこの器は日本を出たことが無く吉宗がこれを使ったかもしれません。想像が膨らみますね。

 

骨董専門誌の表紙を飾ったこともある絵柄です。凄い染付の技術ですよねえ。筆で描くわけですから。

 

 

image

 

 

・・・とまあ、大きな買い物に先立ち、娘にはしばらく前から古伊万里の御茶碗でご飯を食べて貰っています。道具は毎日使わないと、何がポイントか分かりませんので。

 

 

image

 

 

娘はハンターである僕の影響を受けて花鳥図が好きなので、これまでは御茶碗は現代九谷焼を使っていました。古伊万里で花鳥図を探しに探しましたが、娘が気に入るものになかなか出会えず。古伊万里は伝統的な唐草染付は多いのですが、軽快な花鳥図は少ない。

 

娘がようやく出会ったのがこちら。幕末の天保嘉永期の古伊万里染付。最近は毎日使っています。

 

image

 

 

image

 

 

こちらは、1700年代後半から1800年代前半の御茶碗です。最近の僕の主力御茶碗です。蛸唐草は僕は好きな文様ですが、主張が強いものは毎日見ていると飽きるので、あっさり目のものを探しました。

 

 

image

 

 

・・・江戸時代の職人さんが、肥前国鍋島藩有田でつくった古伊万里たち。江戸時代から現代まで、地震・台風・火事・感染症・戦争といった歴史のイベントを生き延びてきた器で、令和時代の中学受験の体力作りに必要なご飯を頂き、2022年2月までの残り20か月を生き延びたいものです。

 

有田に行かねば。

 

 

■歴史のカケラ:

2019年08月31日:小4/社会:歴史のカケラ①(日露戦争勝利の明治38年一円銀貨)

2019年10月07日:小4/社会:歴史のカケラ②(歌川広重の浮世絵/蔦吉版東海道五十三次)

2019年11月02日:小4/社会:歴史のカケラ③(日本刀/江戸時代初期、武蔵守藤原兼仲の脇差)

2020年06月18日:小5/社会:歴史のカケラ④(オランダ東インド会社による輸出伊万里)

 

■追記(2020年6月19日)
当日のアメブロ「教育・お受験」ジャンルの記事ランキングで1位の記事になりました。

 

 

image

 

 

 

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HII/上位45%【2020年5月13日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単3級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki