小5/リブログ:”小3/サピックス:国語の記述対策(これまでの反省)”

2020年06月(小5)


2020年6月18日(木)。

 

小3戦記君、2年前の記事。

 

小1~2まで、サピックス国語の先生の話を無視し、時間を無駄にしてしまった失敗経験です。国語の記述で苦労している方は、この記事に書かれていることを採用してみると良いと思います。サピックスが言っていること、そのままではありますが。

 

尚、この当時は気が付いていませんでしたが、記述問題に関しては、サピックスの設問も解答もとにかく素晴らしいと思います。市販されている国語記述問題集は解答が、模写するに値しないものも多いので、実際に使う場合には親として注意した方が良いと思います。

 

=quote=

国語の記述に対する考察。

 

これまで、サピックスのテキストは一回解いてやりっぱなし。音読も無し。家庭学習でやる国語といえば、公文国語に加えて、漢字や語彙力テキストのみでした。

 

これには理由があり、小3の5月までは、サピックスも含めて大手塾テストで困っていなかったからです。全統小で困る経験をしたので、そろそろ自宅でも記述対策をしっかりすることにしました。

 

方法論はサピックスの先生に従うものです。

 

①毎日、音読をする。ただ、1回分の長文を、感情を込めながら全部読むと娘の声が枯れたので(笑)、2ページくらいがちょうどよいかと思いました。

 

②記述問題を解いた後に、模範解答を書き写す。その上で、娘自身に見比べてもらう。

 

・・・早速、娘にやってもらいましたが、

 

娘:「違いが良くわかる!なるほど~!この問題は私はできているけど、あの問題は私はできていないね。ポイントがずれているから。また、文章の最後を、こと、とか、気持ち、とかにするのも、間違えている場合があるね。」

 

娘:「私は[xx]という表現にしたけど、模範解答は[xx]とある。私の表現は模範解答の内容に近いと思うけど、パパはどう思う?」

 

娘:「私の答えは、[xx]が足りていない。これを書かないと、[xx]とは限らないし!」

 

と、ふむふむ言いながら自己解決していました。

 

この方法が面白いのは、僕は何もしていないということです。楽じゃん。丸付けもしない。娘が、違う個所を赤線で確認する。娘にどこがどう違ったのか、説明してもらうことで、娘の理解も深まるようです。

 

これまで、サピックス国語の記述問題は僕が、「だいたいあっていればいいや」程度のノリで丸付けをしていました(※これまでこの方法でも点が取れていたので、困っていなかった)。ただ、これだと、本人が問題を認識できませんね。

 

思い返せば、小1の段階から基本に忠実な方法で問題を解き、自ら見直してもらう方が良かったでしょうね。。。小3の6月に、記述問題への対応策を考え付くようではマネージャーとして失格だと思いますが、これも反省になるので記録に残しておきます。

 

娘の小4以後の時間を有効活用できるように、小1~3のうちに失敗経験も含めて僕が勉強しているようなかんじです(汗)。

=unquote=

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HII/上位45%【2020年5月13日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単3級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki