小5/リブログ:”小3/夏休み:今年の夏休みの計画についての考察(2018年6月30日(土))”

2020年06月(小5)


2020年6月30日(火)。

 

小3戦記君、2年前の記事。

 

RISU算数で復習をしておいてよかったなあ、と思います。小4ともなると、なかなか一からドブさらい的な復習をする時間を確保することが困難になりますので。

 

今年もそろそろ考えないといけませんね。7月組分けテストの結果に左右されずに、すべきことを考える必要があります。しかし、小5ともなると、サピックスのカリキュラムを消化していくことが基本になるので、自由演技ができる余地は減ってきます。

 

=quote=

2018年6月30日(土)。

 

サピックス7月組分けテストの結果に影響されないように、今のうちに考えておきます。昨年に引き続き今年も徹底復習することになりそうです。尚、旅行や冒険、外遊びはたっぷりするが、勉強も頑張ってもらいます。

 

(1)塾の夏期講習

カリキュラムをこなす。それだけで十分。

 

(2)公文

15枚/weekで7月と8月を走り切る。数学Hは終了テスト大丈夫そうなので、数学I(=中3)に入る。国語GIIはもうすぐ終わりそうなので、国語HI(=中2前半)に入る。そして、英語を開始しようかと思っています。娘はアルファベットすら怪しいので、そこからのスタート。どこかのタイミングで、国語はやめて英語に切り替えますが、いきなりは難しいので同時並行でタイミングを見ます。

 

(3)自宅学習

①漢字

過去の間違い漢字を徹底的に潰す。学研の問題集も潰す。夏休み終わりまでに、いかなる小3漢字問題が出てきても落とさないレベルを目指す。夏休み後は、小4の潰しにとりかかる。

 

②語彙力

引き続き、言葉力1100、言葉力1200、言葉ナビ、を愚直に継続する。

 

③きらめき算数

3年がほぼ終わったので、数問を残して2年生をやり直す。3年を少し残しておくのは、初見問題を残す為。

 

④四谷大塚ジュニア予習シリーズ演習問題集算数3年

簡単な直球算数なのでこれを潰す。これをさらさらできないようでは、困る。トップクラスとは異なり、ひねくれていないので良い。

 

⑤RISU算数

タブレット学習。紙教材で算数を基礎からやり直すのは良いとしても、違った角度から弱点を炙り出したい。また、夏休みで学童に行けないときに自宅で一人でやる教材として期待。共働き世帯が活用するツールとして良いかも。

 

⑥他

とにかく柔軟に方法を考える。理科と社会は悩み中。

=unquote=

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HII/上位45%【2020年5月13日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単3級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki