小1/公文先取り:帯分数→仮分数での発見

2016年08月(小1)


2016年8月24日(水)、朝。

 

公文ドリル4年生の分数・小数を解いていて、面白い発見がありました。

 

15と5/12→仮分数

 

の問題で、娘に紙を渡したら(筆算必要なので)、

 

  15

  15

  15

  15

  15

  15

  15

  15

  15

  15

  15

+ 15

=180

 

と書いていました。

 

娘:「15が12個でしょ?だから、180。

 

僕:「・・・その理解で合ってる。でも、パパだったら、15×12=、で筆算するけどなあ。」

 

娘:「ああ、なるほど!(スラスラと筆算)」

 

どうやって足し算したのか僕には不思議すぎる(笑)。

 

面白いのは、

 

①筆算はできるが、使い方がまだ分かっていない。

→計算機での検算で意味が分かる。これ、有効かもしれませんね。

 

②15が12個じゃなくて、12が15個なので、分数の意味がまだ理解していない。

→ようかんを切る話を毎回することにする。

 

面白いですね。子供の頭の中。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki