小1/公文:国語CII(=小3後半)の「メモ」(文章を正確に描写するイラスト)

2016年12月(小1)


2016年12月4日(日)、0600-1000で筋トレ中。

 

公文国語CII(=小3後半)の「メモ」ですが、これは筋トレとして、実によく考えられていることに気が付きました。ひょっとして、CIIで初めて出てくることかもと思い、過去の公文国語プリントを引っ張り出して全て見直しましたが、やはりその通り。

 

CIIで初めて出てくること。それは、「文章を正確に描写するイラストがあること」。

 

例えば、

 

=quote=

CII 47-a

 

メモ5 / 『小さな山神スズナ姫』

 

なにせ、山神さまというものは、どんなに高い空の上からでも、山々の様子を、ひと目で見て取れるものなのです。山神さまのむすめのスズナ姫だって、雲の上で、ちょっと目をこらせば、コガネグモの巣にかかる雨のしずくや、アリたちのしょっ角のうごきまでが、手にとるようにわかりました。

=unquote=

 

この文章を正確に描写するイラストがあり、それに説明を加えるものです。

 

サピックスのテキストでもイラストはありますが、それは単なるイラスト。文章を描写するものではありません。公文CIIの「メモ」は、「文章を読む→情景をイラストで認識する→文章の言葉をイラストに入れる」、という構成です。

 

これ、考え抜かれた段取りですね!「文章を読む→絵にする」は「どんぐり倶楽部」がやっていると記憶しますが、公文も似たようなコンセプトがはいってるんですね。

 

でも、なんでCII未満で取り入れることをしないし、また小1サピックスも採用していないのだろう?文章を読んで情景として認識する、というのは基礎トレとして有効だと思うのですが。恐らくは、「小3未満ではまだ早いから」なのか?

 

謎は深まる。しかし、僕も2016年3月時点で「こんなの意味無いだろう」とバカにしていた公文国語は、進めれば進めるほど凄さが分かりますね。算数は問題でしかないけど(※ただし、順序と構成が考え抜かれている)、国語は方法論も含めて徹底的に過去のノウハウが凝縮されているんでしょうね。

 

公文もサピックスも、低学年までは、算数よりも国語が凄い気がします。

 

 

★この記事エントリー時点の状況:

①サピックス:小1最上位クラス、②公文算数:E教材(=小5)、③公文国語:CII教材(=小3後半)、④漢字検定:8級(=小3)合格済(2016年11月受検)。

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki