小5/社会:「徳川将軍15代一覧」の暗記(『解体新書』の衝撃/2020年5月3日改訂版)

2020年05月(小5)


2020年5月3日(日)。

 

娘:「徳川幕府崩壊の原点は、『解体新書』だと思う。つまり、吉宗が蘭学を解禁し、田沼が経済を発展させ、その中で杉田玄白と前野良沢の『解体新書』を認めることで、長崎の通詞のような通訳ではなくて、オランダ語の兵書や学術書の翻訳に対応できる蘭学が発達したという流れだね。これが分からないと、江戸時代末期の特に11代家斉以後の幕府の動きが分からないし、歴史観を持てないね。だから、ちゃんと追加しておいてよ、パパ。」

 

・・・以上リクエストがあったので、赤字を追加しました。

 

=quote=

2020年5月3日版

 

【平安時代中期~慶長元年→古刀】

 

【1596年/慶長元年→新刀】

 

(1)徳川将軍家

①徳川家康(1603年/2年間):江戸幕府を開く→朱印船貿易開始→すぐに秀忠を2代に。

②徳川秀忠(1605年/18年間):1612年キリスト教禁止令→1614年大阪冬の陣→1615年大阪夏の陣と武家諸法度。

③徳川家光(1623年/27年間):参勤交代→1637年島原の乱→鎖国→幕府の基本体制完成。
④徳川家綱(1651年/28年間):既に完成→11歳の「さようせい様」→1657年明暦の大火→平和→不正→■1680年娘の脇差(藤原兼仲)
⑤徳川綱吉(1680年/28年間):生類憐みの令→大阪の元禄文化でぜいたく→1702年忠臣蔵の赤穂事件→1703年元禄地震→1707年富士山の宝永大噴火。
⑥徳川家宣(1709年/3年間):財政改革の必要性→新井白石と間部詮房を登用。
⑦徳川家継(1713年/3年間):5歳で就任し8歳で死去→新井と間部は失脚。

 

(2)紀州徳川家
⑧徳川吉宗(1716年/29年間):「享保の改革」→目安箱→公事方御定書→享保のききん→餓死者→米から貨幣経済へ。

⑨徳川家重(1745年/14年間):田沼意次を登用→商業主義→わいろ。
⑩徳川家治(1760年/26年間):田沼に丸投げ→1774年『解体新書』→1783年浅間山噴火して天明のききん→餓死者→田沼失脚。

 

【1764年/明和元年→新々刀】

 

(3)一橋徳川家
⑪徳川家斉(1787年/50年間):松平定信と「寛政の改革」→質素倹約→息苦しい→松平失脚→江戸の化政文化(浮世絵など)が花開く→ぜいたく→1833年天保のききん→餓死者→1837年大塩平八郎の乱とアメリカのモリソン号事件。

⑫徳川家慶(1837年/16年間):1839年に老中水野忠邦が高野長英ら開国派を蛮社の獄→1840年アヘン戦争で清が敗北→幕府慌てる→1842年外国船への薪水給与令→開国派が勢い→水野忠邦が「天保の改革」で質素倹約で失脚阿部正弘が老中就任→1853年ペリー4隻来航と■娘の浮世絵(歌川広重)→家慶死去。
⑬徳川家定(1853年/4年):ペリー7隻来航→1854年阿部正弘が日米和親条約→1858年井伊直弼が日米修好通商条約→吉田松陰ら攘夷派を安政の大獄。

 

(4)紀州徳川家(南紀派=開国派)
⑭徳川家茂(1858年/7年間):1860年桜田門外の変で井伊直弼暗殺→公武合体→長州征伐途中で死去。

 

(5)一橋徳川家(一橋派=攘夷派)
⑮徳川慶喜(1867年/1年間):薩長同盟→大政奉還→江戸幕府滅亡。

 

【1876年/明治9年の廃刀令→現代刀】

=unquote=

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HI/上位45%【2020年3月10日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単3級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki