小5/リブログ:”小3/朝の筋トレ:2018年6月5日(火)のまとめ”

2020年06月(小5)


2020年6月5日(金)。

 

小3戦記君、2年前の記事。

 

良い判断ですね。マスター6年を1問/dayにペースを落としている。計算問題をいくら解いても、計算はできるようになりませんからね(笑)。大事なのは、①頻出する計算の暗記をめんどうくさがらずにやる(=計算視力)、②作業力(=四則演算だけではなく、連立方程式とか因数分解がさらさらできる作業力が効く)、③集中力。

 

小5以後で計算ミス多発で苦労している場合、四則演算の練習しかしてこなかったとしたら、低学年の時間の使い方が有効ではなかった、という整理で終わってしまいます。低学年(小1~3)の方は、公文数学H200(=中2)まで終わらせて、連立方程式くらいはサラサラと作業できるようにしておくと、中学受験算数に求められる「作業力」で苦労することは無いと思います。

 

・・・まあ、こんなことは、公文教室自身も言っていることであり、「中学受験やるならば公文数学Hを終わらせる」なんてことは、いくらでもネットで転がっている情報なんですけどね。要は、消去算は連立方程式そのものなので、結局やる必要があるんですよ(笑)。そのためには、「=」は「は」ではなくて、「イコール」であるという概念を獲得しないといけないのです。しかし、この概念の獲得で苦労して、数学的な作業をできない状態で、サピックスの高度な算数の授業を聞いたって、頭に入るとは思えないんですよねえ。。

 

=quote=

今朝はいつもより10分早く切り上げ。これくらい余裕があると良いですね。

 

マスター6年は、今後1問/dayのペースにすることにしました。計算については塾教材があるし、公文数学でも文字式の計算を十分やっているので、3問/dayに拘る必要が無いと判断。あとは計算力を維持することが重要。

 

昨日夕方はキッズBEEトライアル第4回を全て解き直し。前回解けていた問題も解けなかったりしているので、見直しも大事ですね。

 

柔軟体操をしてから登校。

=unquote=

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語HII/上位45%【2020年5月13日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単3級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki