小5/リブログ:”小1/公文先取り:通分の世界へようこそ(公文ドリル5年生の分数)”

2020年08月(小5)


2020年8月10日(月・祝)。

 

小1戦記君、4年前の記事。

 

分数は抽象性が高い分野だと思います。ですので、正しい段取りを経て教えないと、直観的にも理解してもらえないと思います。

 

=quote=

世界へご案内。

 

1/2=[xx]/6

 

なのですが、

 

娘:「あ、これ、3でしょ?」

 

ということで説明も不要でした。一気に10問解いて、まだ時間が余りましたが、いつもより少し早く学童に旅立って行きました。

 

このところ、頭が起きていれば、計算速度は十分に速い。つまり、計算速度が遅いときは、「できない」というよりは、「頭が起きていない可能性が高い」と考えたほうが、良いかもしれません。その場合には国語をやろう。

 

通分の世界に入ると、数的処理(=昔の国Iの試験を思い出しますね!)の楽しさの醍醐味を味わえるかと思います。通分による足し算、引き算が、楽しいと思えるかどうかで、算数が加速するかどうか決まる予感。もちろん、楽しいと思う、ようにマネジメントしていきます。

=unquote=

 

★現時点の立ち位置:

・資源配分比率:サピックス70%、中学入学後30%

①公文:数学K20・国語K100で冬眠【2020年1月から】

公文:英語II/上位45%【2020年8月5日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック

④語彙:パス単準2級+言葉ナビ上巻

⑤漢字:小5の深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki