小1/公文:算数Eの約分で「偶数と奇数」を教える

2016年08月(小1)


2016年8月27日(土)、朝。

 

娘が、公文算数E15(=小5)の約分を解いていますが、僕が観察していて面白いことに気がつきました。

 

26/38=

 

娘:「なんで約分すればいいのかなあ。。」

 

まだ、「偶数」「奇数」の概念が無いのが、実に面白い。

 

2の倍数は偶数なので2で割れて、そうではないのは奇数ということを教えてみました。

 

娘:「ああ、なるほど。」

 

ということで、スラスラ。そして、

 

26/52=

 

娘:「一発では約分難しい。。」

 

ついに、13の素数の世界に突入ですね。

 

やはり、11から19の掛け算、特に11、13、17、19の倍数については、暗記しておいたほうが絶対的に早い気がします。暗記が目的ではなく、数字を分解する視力があるかどうか。

 

『計算力を強くする』(鍵本聡)

 

を読み始めましたが、「暗記力」と「計算視力」という概念は、とても面白いと思います。悩ましいのが、どのタイミングでトレーニングを開始するか。早すぎても、遅すぎても、いけませんね。タイミングが大事。

 

 

★ブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際に↓をクリック頂くと、このブログのランキングが上がり→訪問者が増加→情報が集まる→分析できる→ブログのネタが増える、という仕組みです。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki