僕の読書メモ:『伝説の算数教室の授業』(宮本哲也)

「僕」の読書


最近、中学受験関係の本から遠ざかっていましたが、隙間時間を見つけて本屋で立ち読み。

 

(1)書籍名

『伝説の算数教室の授業』(宮本哲也)

 

(2)僕のメモ。

・集中力の高さと、考える深さが重要。

 

・日々の単調な計算練習を素直にこなしている子どもは、考える芽を摘まれてしまった子ども。

 

・低学年はパズルで競わせることが大事。パズルに関心持てない子どもは、うちの塾に来ても無駄。

 

・算数の問題は、解けないものは一旦諦めるのも大事。試験には捨て問題が存在する。

 

・国語は推理パズルだと思えばよい。

(3)所感

極端な指導方針だなあ、と思います。

 

要所要所に、「計算なんてものは単なるルールなのだから、頭が良い子供は、ルールさえ分かればすぐにできる。それよりも、徹底的に考え抜く訓練をした方が良い」という信念が見て取れます。

 

こういうやり方が合う子どももいるのでしょうけど、普遍性を感じないなあ。どんぐり倶楽部のときも感じましたが、サービス提供している側からすれば常に一定数いるであろう、「日々の計算訓練が苦手な子ども」、「でもひらめきなどの発想力には長けている子ども」を顧客にできればよいのであり、自社のサービスを差別化するためにも「極端に走る」のだろうと、僕は見ています。

 

でも、いいとおもうのですよね。極端なやつって。

 

なぜならば、教育をアウトソースする保護者という立場からみたら、それだけ選択肢が増えることを意味しますので。

 

小学生の教育、それも低学年ともなると、どんなインプットが結果に貢献しているのか検証が難しい。よって、テスト結果でしか仮説が正しいことを証明できない。宮本氏の方法で結果が出ているならばそれを継続すれば良いし、そうでないならば基本に戻る、というスタンスが大事なのだろうと思います。

 

ただし、「現状の結果」と「将来の結果」は異なります。小6になったときの成長速度を担保するために訓練をする、と考えると、はたしてどんな方法がよいのやら?!

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:1番目クラス【2017年5月確認テストから】

②公文数学:G教材(=中1)【2017年2月17日に算数F合格】

③公文国語:EI教材(=小5前半)【2017年6月2日に国語DII合格】

④漢字検定:6級(=小5)【2017年6月18日受検で6級(=小5)たぶん合格】

⑤算数検定:8級(=小4)【2017年4月16日受検で8級(=小4)不合格】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki